注目されるビタミンD (骨のことではなくて)

 <まずはビタミン D の骨に対する働きを復習しましょう>
.ビタミンD
は、骨に対する作用がよく知られています。 
 ビタミンDは、コレステロールが生合成される際の代謝産物に紫外線が照射されることで起る光化学反応と、その後の体温によって起る熱異性化反応によって体内で生成されます。 体外から摂取したものと、体内で生成されたビタミンは、肝臓で代謝された後に、腎臓に運ばれここで活性化ビタミンDに変化します。 

活性化ビタミンDの作用として、

1.小腸でのカルシウムの吸収を促進する。

2.腎臓でのカルシウムの再吸収を促進する。

3.骨から血中へカルシウムの放出を高める。

 
一見、ビタミンD
は骨からのカルシウムの放出を促進することから、骨粗鬆症を悪化させる作用があるように感じますが、実際には骨粗鬆症の治療に広く用いられています。 

骨は骨芽細胞による骨組織の形成と破骨細胞による骨組織破壊(骨吸収)により一定の骨量が維持されています。 活性型ビタミンDは破骨細胞の活性化による骨塩動員作用(骨吸収)の促進により骨の破壊に関与することで 骨リモデリング(骨の破壊と再構築) を正常に維持するよう働きます。 ビタミンDは前述したように血中のカルシウム濃度の上昇に働きます。 血中のカルシウム濃度が上がるとカルシトニンという副甲状腺ホルモンが分泌されます。 カルシトニンは小腸でのカルシウムの吸収を抑制する働きや、カルシウムの尿中への放出を促進する働きとともに、骨へのカルシウムの沈着を促進する働きが有ります。 ビタミンD自身が骨からのカルシウムの溶出を促進する働きがあっても、ビタミンDの血中カルシウム濃度を上昇させる働きにより、カルシトニンを介して骨へのカルシウムを沈着させる働きもあるのです。カルシウムの溶出よりも沈着させる作用のほうが強いので結果として、ビタミンDの投与が骨へのカルシウムの沈着する方に向かいます。 


<チューモック!実は 現在骨粗鬆症以外の病態に対するビタミンDの効果が注目されています。>

それらは、

・がん細胞の増殖抑制・正常細胞への分化誘導作用

・免疫調節作用 

・運動能力の改善作用

・うつに対する改善作用
・副甲状腺ホルモン産生・分泌抑制作用
・発毛調節作用
・腸管機能の改善  
 です。

ビタミンDは免疫機能の中で、ナチュラルキラー細胞の活動とマクロファージの食作用を活性化することがわかっています。 ビタミンDを毎日、1,200 IU摂取した人々は、摂取しなかった人々に比べて、42%インフルエンザの罹患率が低かったとの報告もあります。 ビタミンDは四肢の骨格筋の機能調節に必要と言われていますので、ビタミンDの不足で筋肉低下からの歩行障害を引き起こす可能性があります。 また、ビタミンDにはてがん細胞の増殖を抑制し、ガン化しかけた細胞を正常細胞へと分化誘導する働きが認められています。 ビタミンDの血中濃度を保つことにより、大腸がんの発生が半分に減少したと報告されています。 様々な健康効果を引き出すために必要なビタミンD1日の摂取量は、1,0005,000IUと考えられます。 悪性腫瘍の治療にビタミンDを用いると高カルシウム血症を引き起こすリスクが高くなることが考えられるために、定期的に血中濃度を測定しながら適切な量を摂取することをお勧めします。


[PR]
by rapport_kykohp | 2016-10-18 16:06