女医ラポールの心とからだのメンテナンス


広島市中区大手町の女性クリニックラポール院長
by らぽーるきょろこ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

これからは がん 認知症 動脈硬化 は 先制医療の時代です

今回は、変わりつつある健康診断についてお話ししたいと思います。 

d0140997_18184026.jpg


法隆寺の建立された時代にはこんな世の中が来るなんて誰が予想したでしょうか

病気を予防することは個人にとっても国家にとっても極めて重要なことです。 
これまでの健康診断は、長い時間をかけて統計を取りそれを集計・解析し、疾病の発生・経過・分布・消長とそれに影響をおよぼす原因を、血液検査をはじめとする検査結果や生活環境をもとに研究し、疾病の予防を行ってきました。 これを 公衆衛生学 といいます。

病気になりやすい環境や検査結果をもとにした疫学研究により、健康診断や生活習慣の改善指導を行うことにより疾患の予防を行ってきたのです。 

すなわち、「病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作る。病気を予防し、健康を維持する」という考え方に基づいていた予防医学といえます。

先制医療(Preemptive medicine)は  予防医学 とは また異なる概念となります。
 
発症前に高い精度で発症予測(Predictive diagnosis)あるいは正確な発症前診断(Precise medicine)を行い、病気の症状や重大な組織の障害が起こる前の適切な時期に治療的介入を実施して発症を防止するか遅らせるという、新しい予防医学なのです。

少しわかりにくいですよね。 

先制医療が従来の予防医療と異なるところは

疾患を定めて正確にピンポイントで検査を行い、
疾患の発症を正確に予測し、発症前に治療することにより健康を維持する 

ところです。

だから 先制医療には 正確な発症前診断 が必要です。 

今後予防すべき疾患の代表は、がん 認知症 動脈硬化症です。 これらに対する発症前診断検査を紹介します。

いずれも、血液検査 でわかります。

がんに対してはがん遺伝子検査があります。 
がん細胞から血中に漏れ出した遺伝子を増幅して診断します。 この数値が高い場合、さらにがん抑制遺伝子などの検査を追加することが可能です。
 
認知症に対しては、アルツハイマー病の発症前検査が可能です。 認知症発症前の経度認知障害(MCI)の状態をA-Dの4段階で評価します。

動脈硬化症に対しては、将来の脳梗塞と心筋梗塞の発症リスクを検査します。 10年以内の発症リスクが判定されます。

これらの検査で、病気の発症の可能性が高いと診断された場合、点滴療法をはじめとした様々な治療でリスクを減じることが可能です。

将来の疾患から身を守るために、定期的にきちんとした検査を行いその結果をもとに適切な治療プログラムで対策することが、これから益々大事な世の中になってくると思います。
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-09-01 20:05 | 医学のこと

検索

ファン

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧