女医ラポールの心とからだのメンテナンス


広島市中区大手町の女性クリニックラポール院長
by らぽーるきょろこ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ジャイアンツのスーツ

東京からの最終便。

まず羽田で、思った以上に”濃い顔”の高橋由伸選手似(後に、”似 ”でなく本物と判明するのだが)のかっこいい人と隣り合わせにペットボトルのお茶を眺め、

 ふーん、由伸に似ているなあ、でも揉み上げも眉毛も濃いなあ。

と思っていたら、

その数分後、

銀色の(光沢あって銀色に見えた!)スーツを着たさらにまたかっこいい人とすれ違い、

 小笠原に似ているな。でもあのスーツかっこいい!!よく似合ってるなあ。

とここまで、まだジャイアンツの選手と気づかず、

ようやく機内に入ったところ
坊ちゃん顔の上原選手と、阿部選手を認めて
ここで初めて

おお、ジャイアンツじゃないか。

と気づいたのでした。

でもジャイアンツは違います。
スーツが。
日焼けしてるんですが、肌きれいなんですよ、みんな。

芸能人ですよ、これは。と感じました。
お金かかってますねエ、あれだけの年俸ですから当然だと思いますが。

今春渡米寸前の黒田選手に、カープ球団の入ってるビルで偶然お会いしましたが、
かっこいいんだけど、
スーツも肌もジャイアンツ選手に負けてました、今考えると。
サンフレッチェの選手にも
よくお会いしますが、
彼らも鍛えてて肉体は美しいのですが、
炎天下での練習や試合もあるからでしょうか、
肌は、ジャイアンツに負けてます。

ジャイアンツお金かけすぎ。

ちなみに二岡選手はいませんでした。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-28 00:41 | わたくしごと

久しぶりのお休みは

やれ高校野球だ
やれ夏祭りだ

と、このところラポール休日もあわただしく外出していた私は、本日自分のためにお時間頂戴いたしました。

まず、自動車免許更新。久しぶりのゴールドカード。前回はゴールド目前でスピード違反で捕まり御用!となったのでブルーカードでした。
最近は、市内でスピード違反の取り締まりは見なくなりましたよねエ。
前は、駅前通の昔の河合塾のあった三角州や戸坂と高陽町を結ぶ太田川沿いでパトカー見かけてました。

優良講習30分をチャチャッと受けてゴールドカードを手にした私の次に向かったところは産婦人科。

出来ちゃったみたい ならぬ
出来なくなっちゃたみたい。

女性としてそろそろ終わりも近づく今日この頃。
やはりがん検診は受けておきましょ、患者さんにも面目立たないし・・・と
思って、とある女医先生のもとを訪れました。

 ”先生もHRT始める?”と、その女医先生。

   *HRTとは、ホルモン補充療法、といって、<更年期女性が生きがい持って生活していく上ではいまや必需品>と言われる、治療法。

 ”だいたい、多くの女医が大なり小なりいろんな形で(HRTを)やってるよ” と仰ってました。

私も話には聞いていましたが、”ああいよいよ私もその仲間入りなのかア。”と感慨深いものがありました。

よく、私より若い患者さんに
 ”先生、私更年期でしょうか?” と聞かれたら、すかさず、

 ”物事には順番があるからね。私がまだなんじゃけえ、私からよ。” と言っていましたが、

これからは、
 ”私もなったけえ、あなたもそのうちよ。” というようになるのかしら。

ただ、人間には恐ろしく幅があって、同じ更年期世代の人間でも
更年期を心配する人 がいれば
妊娠を心配する人 もいる。

 更年期と言うのは、やはり 老い を意識することになるのですから、妊娠 というのはこれまた全く別のベクトルを持つわけです。

ですから、患者さんに声をかけるときは、
その人がどっちのベクトル持っているのか
見極めなければいけません。
全くベクトル違う人に逆の声かけするのでは、
患者さんの気分を損なうだけでなく、患者さんからの我々への信頼も失うことになるわけです。

 
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-23 23:18

郵便局にも保険会社にも

腹を立てることの多かったラポールは、

ブログの筆も鈍りがち。

というのもパソコンに向かってキーボードをたたこうとすると怒りがこみ上げて
文章つくるのがいつも頓挫しちゃうのだ。

郵便局についての一件はとある原稿依頼で事の顛末を紹介したが、保険会社についてはいつかどこかで医師としての意見をまとめて紹介します。

と、結構最近怒っているラポールは、

怒りの閾値

 というのを東洋医学的に考えてみた。

日々外来をしていると
「先生、生理の前になると感情が抑えられません。」
 とか
「子どもをしかって、あとで何であんなことで?、と後悔するんです。」
 とか
「カアーっと血が上ってきてどなってしまうんです。」
 と、
訴えをよく聞くのだが、こうやって相談する人は必ずこのあと
「これは病気でしょうか。」
「更年期でしょうか。」
「どっかおかしいんでしょうか。」
と言葉を添えられる。

ほんとに怒るべきことが対象であったら
きっとこんな心配はしないんだろう。

たぶん、
怒った自分 がいつもと違う
という認識からこんな相談がうまれるのだと思う。

それと怒りとイライラが混同されている帰来があるため、
こんな相談は、怒っている、のではなく、イライラしている、と解釈すべきだろう。

長年の臨床の経験から言えることは、

 イライラ の奥には、不安が存在する というのが、私の中ではひとつの結論だ。

 これは子育て中のお母さんであればほぼ間違いない。

だからそこに目を向けて治療に向かう。

もうひとつの結論は、

 気逆 という

という東洋医学の専門用語で説明できる。

気逆の状態だと、怒りの閾値、イライラの閾値はかなり下がっている。
つまり、怒りやすい、イライラしやすい、状態になっている。

もっぱら更年期の女性に気逆の状態は多いのだが

だからといって
今回の私の怒り(あるいは以前のNTTへの怒り)の原因が
”今月四十ウン歳になって更年期に突入したからだよ”、と勝手に思われたくはない。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-16 02:15 | 東洋医学

カラオケではじけるおなご達

はじけることは

すばらしいことです。

ラポールのスタッフ、ぜひカラオケに誘ってください。皆とってもはじけてます。

先日オープン4週間を記念してカラオケ行ってきました003.gif060.gif
今日その日の映像をお見せすることができないのが心底残念です。

みんな、うまいわあ~~
のびやか
きれい
たくましい!

1982年から2008年の歌まで歌いましたが
82年の歌でみんなが


 ”私 4さーい”  ”私 5歳”  ”私 生まれたア”  ”私 12さーい”  って言うから

 ついつい
 ”私 ・・・・・・・・・・・・・・・・038.gif さーい”

とは言わなかったんだけどその日は私の誕生日。
今年は としおんな です。

さあ?何歳?

 *あれ?スタッフの年齢もばらしてしまったようだけど気になる方は、6月○日付けのブログをご覧になるか、クリニック ラポール にぜひお越しください。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-11 01:11 | 女性クリニック ラポールのこと

ここにきて、子宮内・・・

・・膜症のくすりが続々登場!

ネットのおかげか、子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)、という病気の存在を普通の方でも知る機会が増えた。

以前なら、臨床現場で

”内膜症かもしれませんね”

と言っても言葉の存在、病気の存在をまったくご存じでない方も多かった。最近では

”あっ、聞いたことあります”

  とか

”そうかもしれないと心配してたんです”

というリアクションが増えた。

皆さんの認識度の上昇に比例して、この病気自体も増加している。

皆さんにわかりやすい説明を心がける私としては、この病気を説明するときに

「本来なら、子宮の中だけにあるはずの子宮内膜(な・い・ま・く)という細胞あるいは組織が、ほかんとこにできるんよ。」

「そこでもって、できたところでも生理を起こそうとするんよ。子宮でおこった生理なら、出口があるからいいけれど、たとえば卵巣やおなかの中や、場合によれば肺の中で生理がおこっても出口がないから、そこでたまるしかないよね。それが毎月起こるんよ。」


内膜症の治療には、最近はピル(低用量ピル)がfirst choice といわれています。
実際、内膜症による大きなチョコレートシスト(子宮の外で出来た繰り返す生理は、たまるとチョコレート色になるのでこのように呼ばれます。)がピルで完全に縮小した経験も持ってます。

その他、(そのほかといっても本来、内膜症の治療はこれがスジ。保険は利くけどちょっと高価)偽閉経療法といって、一時的に閉経に近い状態にする方法。

そして最初に書いたように、新しい薬、ディナゲスト。
久しぶりに出た内膜症に対する新しい作用機序のクスリです。
内膜症の治療の本流は、偽閉経療法だったので、これには鼻に毎日シュッシュッとスプレーするやり方と、4週間に1回注射するやり方がありました。
今回のディナゲストは、排卵を抑制することで、生理を起こさせないようにする、引き続き内膜症の増殖をおさえる、という機序で働きます。
発想は、偽閉経に近いような、でもその手前の無排卵周期の状態をつくる、といったイメージでしょうか。

ピルや偽閉経療法に効果が見られなかったような内膜症の患者さんには、光明が見えたと思います。

新しい薬ですが、
患者さんのブログにはゾクゾクとディナゲストを服用体験談が出ているので
私達医師もそれを参考にして見たいと思います。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-09 13:01 | 医学のこと

負けた負けたの帰り道・・・

初戦突破しただけで各新聞ネタになった息子の高校だけど、世の中そんなに甘くはない!

2回戦相手は鹿児島玉龍!
ぎょくりゅう と読むがほとんど名前で負けちゃいそうな高校に、やっぱり負けちゃいました
(ちなみに甲子園経験校です)

よく走るし、ビッチャーいいし(トントン投げる間合いのいい左ビッチャーでした)、エラーしないし、よく打つし、・・・完敗です。

救いだったのは、試合後に玉龍さんの方から練習試合の申し込みがあったこと
息子らにそれなりの評価をいただけたようです。

今帰り道、列車の中から熊本の田園に映る夕焼け(こっちは二期作でしょうか?今また水田になってます)眺めながら、

 生きてるっていいなあ、

と心から思ってます。

息子たちも、生きててよかった、という瞬間をこれから何度でも味わってもらいたい。
そんなこと考えながら、家路を急ぐラポールでした。

明日もまたラポールモードでがんばるゾ
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-06 20:32 | わたくしごと

エアコンを一切使わない男と女

夏は

あああ・・・・あつい

冬は

ううう・・・・さむい

といいながら、なんとこの丸2年、自宅では、夏も冬も一切エアコンを使っていない!!!

主人の発案で、
最初は健康のため
表向きは地球温暖化抑制の一助になれば、というエコ推進
裏向きは節約のため。
二人とも夏は暑く過ごし、冬は寒く過ごして
今年も健康体だ。

なのでクリニックでもエアコンによる冷えすぎには敏感だ。
(さすがに、クリニックは公共の場なので、エアコンつけてます)


つけたり消したりしながら調節したり
スタッフにも温度に気をつけるように、細かく指示をする。

クリニックにはいろいろな方がこられる。
今は40から60歳の方が多いので、
このころの女性は
かたや、”熱い、熱い”と汗をふきふき、うちわが手放せないし
一方では、”さむい、さむい”と夏でも薄手のコートを着込んでいる人も居る。

だから受付は患者さんに目を配らねばならない。
クリニック内もエアコンの風の流れで微妙な温度の勾配が生じているので
”こっちはもう少し涼しいです”とか”あっちならもっとあったかいです”など
待合内部を十分把握し
患者さんに案内をしなくてはいけない。

目配り、気配り

人間の五感をつかった接遇をこころがけていこう。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-06 00:39

高校球児の・・・

母でもある私は

ラポール休日の今日、息子の夏の大会の応援にでかけた。

遠方でしかも9時開始の第一試合。前日の夜遅く九州入りした私は今朝6時のリレーつばめにのり鹿児島到着。
おおかたの予想を裏切る雨無しでグランド良好状態の鴨池市民球場には、
すでに数多くの応援が訪れていた。

”予報は雨” にも関わらず
なぜか日傘のみ(要するに間違えたんだ ヨ)持参していた私は
鹿児島の熱い陽射しに負けることなく(実際はそれなりに日焼けして、年老いた皮膚にムチ撃つことになったのだが)、
応援の小道具片手に
声援を送った。

腰痛で苦しんでいる息子を知っていたので
応援に行く、とは内緒にしていたのだが

4-3

で、かれらは4年ぶりの初戦突破を果たした。http://www.kkb.co.jp/mezase2008/dijest.php
  お暇な方は、鹿児島放送の今日の試合のダイジェスト見てください。
  息子の後姿が!映ってます。

4打数3安打2打点の猛打賞。

息子たちの久々の満開の笑顔を見ることが出来た。

とにかく一勝させてやりたかった。
つらい日々には、やはり報いが必要である。
結果はあとからついてくる
とはいうものの
先輩たちの不完全燃焼の後姿をみてきた
在校生も、監督も、親たちも
すべてが 一勝 をあげることが
本当に大切であることを信じて疑っていなかった。


だから本当に手放しでうれしい


第二試合は・・・・・
6日の日曜日。またしてもラポールお休みの日。そして次も勝ったらまたまたラポールお休みの水曜日。
はあ・・・私はまた導かれるように鹿児島に向かうのか。

体力と金力(?)と日焼け止め。。がそのときまで持つんかしら。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-02 22:09 | わたくしごと

検索

ファン

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧