女医ラポールの心とからだのメンテナンス


広島市中区大手町の女性クリニックラポール院長
by らぽーるきょろこ
プロフィールを見る
画像一覧

粉はダメとか、粒はダメとか

薬の話です。

「私は粉はダメなんです。」

「それ粒ですか?」

とは、日常外来の現場で、そうですね、そんなに頻繁ではないけれど一月にいっぺん位は耳にします。

医者になって初めてこの言葉を聞いたときは、
 ”しゃらくせーい。良薬は口に苦しって言うんでエ。つべこべ言わずにのまんか-い。”
と内心思っていたけれど(思いっきり、パターナリズム)、

今では、薬は飲んでもらってなんぼのもの、つまりどんなに良い治療をしたと思っても、飲んでいただいて反応を診なければ自分の治療が正しかったのかどうかわからない。
それに、”粉以外にどうにかなりませんか?”とか、”どうしても粒やカプセルは飲めないんです”と言われたからといって、”じゃあ、しょうがないですね。やりようがありません。”
と言ってしまうのも、芸がない。

最近では、
漢方薬にも粒タイプがあるし、
粒の薬なら、薬局で上手に粉砕してくれる、こともある。
オブラートに包む、という方法だってあるんだ。
あるいは、飲めないものは座薬にしましょ、とか
子どもだったら、お尻から腸に入れちゃいましょ、
とか言う場合もある。

しかし、

薬は、たとえば漢方薬なら、
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)のように<丸>のつくものは、
丸薬として飲むほうが効果がありますし、
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)のように<散>のつくものは
散剤でも、
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)のように<湯>のつくものは、
お湯に溶いて飲みなさい、
というように
お薬には一番効きやすい本来の飲み方があるのです。

西洋薬ならカプセル薬のカプセルが飲めないという理由で、
カプセルをはずして中の粉やつぶつぶを直接飲もうとしたら実は危険です。
粒の薬も何層かの層状構造になってて少しずつ溶けながら効果を発揮するというものもあります。

だから、
やっぱり

 良薬は口に苦し

あまりわがままを言うのは良くないことだと思うのですが・・・・
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-28 23:47 | 医学のこと

”子”ばなしを、もう一つ

事件は会議で起こってるんじゃない、現場で起こっているんだ

って、織田裕二が叫ぶけど、

息子も電話の向こうでよく言います。

事件は電話のそっちで起こっているんじゃない、こっちで起こっているんだ あ

って。

親は子どもの話を聞くときに、
聞き役に徹しろ、って言いますよね。

これなんです。

息子の言うこと聞いてると、ついつい下目線で、
”・・・だからだめなんよ。”
”こうすればよかったじゃない”
”ばかじゃねえ”
”そんなことするからしかられるんよ”
”そんなときは、こうこうこういうことだから、そうやるのが正解なんよ(あるいは、そうしないのが正解なんよ)”

とかなんとか、意見、もしくは小言を言いたく、あるいは思わず言ってしまうものなのですが、

それじゃあいけません!!!

電話のこっち(息子からはそっち)では、やはり物事の真実は見えておらず(状況説明のへたな息子のせいでもあるわけですが)、親から見ればアドバイスのつもりでも、息子にとっては気持ちの逆撫ででしかなく、特に、電話なんぞしてくるときって、本人も心の中で十分反省してたり、あるいは、自分のとった行動に疑問を生じているからだろうと思われ、
つまりへたな声かけなどせずに、
ふんふん、と
聞いてやることが一番なんです。

でもそういうことに気づくのって
息子が中学やら高校になってからなので
ちょっと遅かった!
次こそは、
と生かそうと思ったら
もう孫が出来てた、
みたいな。
だから世のおばあちゃんが
孫の話を良く聞くんだと思います。
(一理有り)
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-24 20:53 | わたくしごと

親はなくとも子は育つ、かもしれないが、子あってこその親育ち

長いタイトルですんません!

いやあ、実は息子の引越しの手伝いに行ってきたんですわ。昨年も引越しがあったのですが、忙しくて手伝いに行けなかった。
だから、今年はちょっとひましてるんで、手伝いにいってやったんですが・・・

 これがようできた息子で。

建物の2階から3階に引っ越すんですが、やはり引越しは引越し。大きな荷物はしんどいし、部屋の片付けはもちろん全部しないと行けなし、次に移ってくる彼の同級生のためにも部屋をきれいに磨き上げないといけない!これを昨年彼は一人で、しかも日中授業をうけながら夜中にゴソゴソやったんだと思うと、もう涙があふれて・・・

で、きっと大変だったんでしょう。
今年私がひとつひとつ片づけをするたびに、

 いやあ、すごいねえ。
  とか

 いやあ、ありがとう。

 えっ、もうできたん。助かるわあ~。

 と言って

私を褒めるわけです。

子に褒められる親の気持ちってわかりますう?

これがまた気持ちがいい!

親は褒められて育つ  って

いばってる場合じゃないんだけど。自分を振り返って反省したら、
私どれだけこの子を褒めてきたんだろうって
本当に反省しました。ごめんなさい。

人って褒められると本当に前向きになりますよね。

夫もこの調子で褒めよう。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-22 22:56 | わたくしごと

頭痛・肩こり

どちらも女性の大敵だ。

前も書いたが、私はそんなにひどくはない偏頭痛もち。とりあえず、前症状もないし、ここ数年で出た新薬のお世話にもなってない。

 (イミグランとかゾーミックなど1錠1000円する薬があります。あと予防薬としてミグシスなんかもありますよ)

最近この頭痛と肩こりを緩和させる方法を身につけた。016.gif

耳の1cmぐらい後方に乳頭突起と呼ばれる少し硬い飛び出たところがある。
そこから、首筋に添って、ちょうど俗に言う鎖骨美人と呼ばれる首の凹みに向かって
スッと2.3本の指でなでおろす。

 のだ。

2,3回すると、膨張した頭の痛みや、肩こりが少しすっきりする。


偏頭痛には効かん、けど。

私は結構頭痛もちで、偏頭痛や筋収縮性頭痛(肩こりからくる)、や、頭がむくんだような膨張したような頭痛、など各種の頭痛もちだが、

偏頭痛以外には効果有りよ。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-19 23:41 | 医学のこと

チョコレートと偏頭痛

2月14日はバレンタインデーだった。

いつもは主人のおすそ分けがあるはずなのに、今年はなかった。

 えっ?今年はもらえんかったん?

と思ったが、
聞けば

 AからBへ、BからAへ、というように、チョコをあげた、と

のたもうた。

 これじゃひとつのチョコを右から左へ受け流す、ってことじゃん。
 じゃあ、今年はひとつ?

 いや、9個も、10個も
とさらにのたもうた。

と、もう理由がわからんこと言うのでそのまま放っておいた。

で、私が彼にあげたチョコレートをほおばったのだが、

これがいけなかった。

 偏頭痛が始まった。

実は、チョコレートで偏頭痛を誘発される人は結構いるらしい。
私はミルクチョコレートがいけない。
成分のカルシウムとマグネシウムの割合があっていないのかもしれない。
偏頭痛は、マグネシウム不足とも言われているからだ。

チョコと言えば、私は生理前になると無性にチョコレートが欲しくなって、いつのまにかスーパーのかごの中に納まっていることがある。
というよりも、チョコを買ってみたら、実はその2日後ぐらいに生理がやってきて、
あとから、だからチョコレート買ったのか、といつも気づくのだけど。

これは、生理前のからだが亜鉛を欲しがっているからだ、とも言われている。チョコレートの中の亜鉛は結構多いのだ。

チョコレートと私のからだは密接な関係があるので、年々夫のバレンタインのチョコが減っていくのは、なんだかさびしい。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-16 22:59

台湾料理(東洋医学っテカ?)

d0140997_22214584.jpg
台湾の薬膳なべをいただいた。

野菜がうまい
スープがうまい

香りがいい

食後のデザートは、薬草ゼリー。

私は健康のためにスープ類は全部飲み干さないことにしている。これは昔から栄養士の母からきつく言われている。これは以前にも書いた(人のブログで)。

だけどここのスープは全部飲み干したい。薬臭くない、でも漢方の香りのする、野菜のエキスが十分染み出した、なおかつ烏骨鶏や黒豚やアヒルや魚介類がじっくり煮込まれたスープを飲み干さない手はない。

   う、う、う、うまい。

何より旨かった烏骨鶏はいつかその卵を売っているところを見たが、1つ120円もしていたけど、
足まで黒くてそのゼラチン化した皮をしゃぶって食べた。

  ついでに竹炭入りのギョーザも掲載しちゃいます。
d0140997_22232423.jpg
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-14 22:25 | 東洋医学

髪型が決まらない(医学のことっテカ?)

って

女の子なら必ずあること。もちろん”子”にこだわらず、女の人なら、私でもそう。

さて、どんなときでしょう?
と、考えると
私の場合は生理前
 生理前は、顔も決まらないし、化粧はのらないし、髪も決まらん

で生理が始まると急に顔が引き締まり、髪型もぴたっと一発で決まります!

これは髪の水分量が生理前と生理後じゃ異なるせいだと思うんですが、どうでしょう?

それと生理前は、ニキビのつぶれ方が醜い!
これも生理が始まると、ニキビの脂肪って本当に毛穴につまってただけなのね、って感じでスポッと ぬける。
生理前は、スポット抜けないわあ、周りが赤くなるわあ、腫れるわあ、痛いわあ、で大変ですもん。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-11 23:01 | 医学のこと

千の風になって

多くの人の心を捉えたこの詩は、
私にとっても特別な詩である。

今、ここに毛糸で編んだ靴下がある。くるぶしより少し上までくる極太で編んだ毛糸のソックスには、毛糸の花の刺繍がしてあるが、このソックスに特別な思いがある。

中高と親友だった彼女の訃報が届いてから、もう4年が過ぎようとしている。
その一枚のはがきに私はわが目を疑った。

それはその年の11月後半だった。彼女の母親からであり、来年の年賀状は喪中なので遠慮させていただく、と書いてある。享年44歳!エッ。彼女の名前が書いてある。

そういえば東京にいる彼女とは2年は会ってない、がその前の年末ごろに電話で話をしていた。すぐさま、彼女の母親に電話をかけた。

母親もまだ、その死を実感していないのか、彼女の死に至るまでの経過を訥々と話し始めた。

びっくりして、びっくりして。どのように声をかけたか思い出せない。

  しばらくぼっーとした日が続いた。



ある日彼女のおばさんが、私の当時の勤務先近くにお住まいなのだが、私の勤務先を突然訪ねてこられた。

 ある一冊の本を携えていた。


それが、新井 満の<千の風になって>だった。

なぜその本を携えてこられたか。

 その答えは、この詩の中にある。

 この詩には、彼女の家族の名前がすべて載っていた。
       千、風、空、ゆき・・・・

彼女が詩っているかのように、
その詩は続いた・・・・・

その本に驚いたが、
さらに私を驚かせたのは、
その年に秋川雅史がこれを詩として歌い、
そしてロングヒットになった。

今はいている毛糸の靴下は彼女がなくなる2年前に、
何を思ってか、
彼女が私に送ってくれた。

なんで私が冷え性だとも知らない彼女が
こんなあったかい物を送ってくれたのか。

彼女の足も冷えていたのか。
何かつらいことがあったのか。

今となっては聞く術もない。

でも亡くなってからも、これだけ多くの語りかけるものを残してくれた彼女には
私は

    頭が下がる。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-08 23:07 | わたくしごと

からきょう

N響、でも、広きょう、でもない、

  からきょう

ドストエフスキーの<カラマーゾフの兄弟>を、からきょう、という、らしい。

何をいまさら、古典文学、か。

と思われたのだが、全4巻。今回は特別版もついてて全5巻あるのだが、亀井郁夫の訳がすこぶる良くて、現在20か30万部売れているらしい。古典文学ではプチヒット、どころかミリオンヒットであろう。

今3巻がほぼ読み終わりそうなところだけど、これ、1800年代に書かれているのに、なんて現代に符合するところが多いの!!と驚かされている。

宗教有り、兄弟愛あり、親子の確執あり、殺人有り、殺人者の心理有り、恋愛ざた有り、ざんげ有り、貧富の差あり、いじめあり、よくしゃべるおばさんあり、。。。。

これを読んでると、人間も社会もいつまでたっても変わらんなあ、という感想です。

基本はミステリーなのでミステリー小説としての読み応えも十分にある。

訳者がすばらしいのだと思うのだが、ぜひ他の人にも読んでもらいたくて今、みんなに言っている。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-06 07:02

三黄瀉心湯  さんおうがた?しんゆ?

さんおうしゃしんとう、と読む。  ”瀉”は、決して新潟の”潟”ではない。

漢方薬には、名前には最後に”湯”がついたものが多いが、これのついた漢方薬は温かくして飲め、つまりお湯で飲め、という意味である。
ついでに言うと、お湯で飲むことで香りがたち、その香りを嗅ぐことも、薬の効果として重要なのである。アロマテラピーである。

で、ようやく今日の三黄瀉心湯の話をします。

漢方薬には、大きく分けて瀉下剤、と補剤というように分けられます。

三黄瀉心湯は瀉下剤ですが、

人間は長く生きていると、いろいろ厄介な物を引き受けます。それは、物理的なも、精神的なもの、社会的なもの、など様々ですが、こと、からだにおいても同じことが言えます。

一番思い浮かぶ体の厄介なものは脂肪でしょう。

でもそれに限らず、人それぞれの性格や生活スタイルから、からだには余分な水を蓄えてしまったり、余分な血を宿らせてしまったり、余分な熱を抱え込んでしまったり、しているのです。

それらを、瀉下=下してやる=追っ払ってやる、ことがからだの治療になることがあります。

不妊でずっと治療しててもなかなか子宝に恵まれなかった方に、ふっと三黄瀉心湯を出したら、すぐその周期に妊娠されました!

卵巣からの排卵がうまくいかず、あれこれ、西洋医学で治療してた方に、ふっと三黄瀉心湯出したら、その周期で、排卵を始めました。

こんなケースを経験すると、

 きっと卵巣の周りに、いらない余分なものがまとわりついてて、卵を出せんように
 しとったんじゃね、
 
                    っと思ったりもするわけです。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-04 23:01 | 東洋医学

検索

ファン

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧