女医ラポールの心とからだのメンテナンス


広島市中区大手町の女性クリニックラポール院長
by らぽーるきょろこ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:女性クリニック ラポールのこと( 26 )

昨日 勉強会に 行ってきました!

今年もよろしくお願いいたします。
d0140997_19051343.jpg

 さて、昨日日曜日に 東京に勉強会に行ってきました。

アドレナールファティーグ(副腎疲労症候群)を日本に広めた先生方が 今回は
自閉症 の病態と治療の世界の第一人者の一人である ダン・ロシニョール先生をアメリカから招いての講演会でした。

副腎疲労と自閉症???

とお思いの方も多いと思いますが、世の中にはまだまだブラックボックスであるいろいろな病気があります。
まだよくわかっていない病気は 大体 ○○○症候群 なんて名前がついています。
自閉症も ”自分を 閉する 病” となっていますが、第3者がつけた名前という感じですね。

ブラックボックスだった 自閉症 も 副腎疲労症候群 も 少しずつ原因が明らかになりつつあります。
それによって 治る可能性もでてきています。

とくに
ビタミンが足りてない、

有害金属がたまっている

腸管機能がわるい
  場合は、治療法があります。

そしてこれらの原因は
副腎疲労症候群 も引き起こしますので
こちらも治療が可能なのですよ。





[PR]
by rapport_kykohp | 2018-01-15 21:00 | 女性クリニック ラポールのこと

精神 栄養療法とは

d0140997_11370775.jpg
近年、米国で大きな成果を挙げている精神栄養療法についてご紹介します。 

精神栄養学とは―脳を取り巻く食生活を中心とした栄養環境に関する学問―です。 精神栄養学の発展により、金属・ミネラルや栄養素の過不足(アンバランス)が、心の病気の原因の一つであることがわかっています。 ヒトは精神を司る細胞を動かすために、神経伝達物質という物質が必要ですが、この神経伝達物質とはセロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンなど皆さまも一度は耳にされたことのある物質です。これらは栄養素の一つであるアミノ酸を原料に、ビタミンBやマグネシウム、銅、鉄などのミネラルなどを用いて変化させることで生じます。 原料をはじめとして途中の多くの成分がほんの少しでも過剰あるいは不足に陥れば、神経伝達物質も不足することとなり精神活動に不調をきたしてしまいます。 精神栄養療法とは、血液検査や尿検査から、栄養素の過不足を検査して調整する治療方法なのです。 もちろん、従来からの薬物療法や精神療法も同時に行うことも可能です。 精神栄養療法の特徴は、過不足を来している栄養素をゆるやかに補ったり取り除くということです。

対象となる疾患は、自閉症スペクトラム、行動障害、ADD、統合失調症、うつ病、アルツハイマー病です。

 脳に対して栄養素の過不足が長く続くと、脳そのものに重大な“障害”が及んでしまう場合があります。 従って、心の病気に対する精神栄養療法はできる限り早く治療を開始した方がよいと考えています。 

精神栄養療法を行う場合、注意点が幾つかあります。

  1. 神経伝達物質の形成に必要な物質がどの様になっているかを調べる検査は必須です。 検査は血液検査と尿検査、場合によっては唾液で検査する場合があります。 治療の過程でも確認のための検査が必要となります。

  2. 多くの場合、サプリメントや食事指導が始まってから、その治療が効いているかどうかを見極めるためには少なくとも3か月間が必要です。 その間に、神経伝達物質の変動により症状が変化する場合があります。

  3. 最も大事なことは、治療の効果を判定するまでサプリメントや食事の改善を続けることです。 

  4. 通院中の心療内科で処方された薬剤は、自己判断で中止しないで下さい。

  5. 米国では大きな成果を挙げている精神栄養療法ですが、本邦では保険適応とはなっていません。 従って、検査やサプリメントに係る費用は自費となります。




[PR]
by rapport_kykohp | 2017-04-08 08:38 | 女性クリニック ラポールのこと

副腎疲労 は ここ で診てます!

副腎疲労 をどこで診て貰ったらよいのか?

探してもすぐにはわからなかったので困った という患者さんがいらっしゃいましたので、

再度、告知させて頂きます。 

副腎疲労はここで診断、治療が出来ます。 

大きな負荷がかかる作業をした後に身体が疲れることは当然ですが、休息をとっても疲れが取れない、慢性的に疲れているという方は、慢性疲労の状態であると考えられます。 朝、身体がだるくて起きることができない、日中、チョコレートやコーヒーを摂りながらなんとかやっているけど辛い。 夜になると少し元気になる。 そんな方は、副腎疲労が考えられます。 そのまま頑張っていると、本当にベッドから離れられない状態になってしまう可能性もあります。 副腎疲労を正しく診断するためにはきちんとした検査が必要です。 検査は疲労を引き起こす疾患を鑑別するための血液検査と、副腎皮質ホルモンの値を1日に4-5回測定する唾液検査を、まず行います。 副腎疲労の診断はこの唾液検査で高い確率で可能です。 副腎疲労の原因として、腸の疾患であるリッキーガット症候群や口腔内の金属の存在が考えられますので、これらの検査も必要になる場合があります。 副腎疲労は回復するまでに時間を要することがあるので、正しい診断を行った後に治療を行うことが大事なのです。 現時点では副腎疲労という疾患名を厚生労働省は認めていません。 従って、副腎疲労のための検査や治療は保険診療で行うことが出来ません。 副腎疲労に対する検査・治療は自費診療となります。


[PR]
by rapport_kykohp | 2017-03-07 19:15 | 女性クリニック ラポールのこと

今朝のグッドモーニング(テレ朝)でやっていたフードアレルギーとは?

一般的に食物アレルギーとして知られているのは、IgE抗体による「即時型」の食物アレルギーですが、

今回お話ししたいのは 遅延型フードアレルギーと言って 肥満にも影響する可能性があるものなのです。

 食べ物を経口摂取した時に、その食べ物に対するアレルギー反応が生じることがあります。多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹や腹痛などの症状が出る即時型ですが、

★数時間から
2日間経過して症状がみられる遅延型があります。

近年、我が国において、食生活の変化等により食物アレルギーは確実に増加していると言われています。 今回は、原因不明のだるさや治療困難なアトピーなどの原因となる遅延型の食物アレルギーについて説明します。

IgE抗体による「即時型」のアレルギーは、食べ物を摂取した直後(通常30分以内)に皮膚症状(かゆみや蕁麻疹など)や呼吸器症状(喘鳴、咳など)、消化器症状(腹痛、下痢、嘔吐など)などを認めます。そして、場合によっては喉頭浮腫による窒息など命に関わることもあります。

 一方、「遅延型」の食物アレルギーは、IgGIgA、免疫複合体が関与し、食べ物を摂取してから数時間~数日後に症状が現れます。

遅発性アレルギーによる症状は身体全体に及びます。

・消化器症状

消化不良・便秘・下痢・腹痛・吐き気・過敏性腸症候群・腹満感など

・精神神経症状

不安神経症・頭痛・情緒不安定・うつ・頭が重い・集中力不足など

・皮膚症状

 湿疹・にきび・(アトピー性)皮膚炎・ふけ・じんましん・肌荒れ・多汗など

・呼吸器系

鼻水・鼻づまり・慢性副鼻腔炎・ぜんそくなど

・泌尿生殖器系

頻尿・尿意切迫・夜尿症(小児)・月経前症候群・おりものなど

・筋骨格系

 筋肉痛・関節痛・関節炎・関節リウマチなど

その他

不整脈・慢性疲労・倦怠感・口内炎・むくみ・体重増加(本日テレビでも触れていました)など

なかでも、ドライスキンで痒く、湿疹を繰り返す皮膚病変は、遅延型の代表です。 遅発性食物アレルギーは、原因となる食物を食べてから時間がたってから症状がでますので、原因がわからない場合が多いのです。 医療機関で調べて貰っても異常がないのに、身体の不調を繰り返す場合には、一度、遅発性食物アレルギーを疑って検査を考えた方がいいでしょう。 94種類の食物に対する、アレルギーの検査です。 この検査は、自分の食生活を見直す機会にもなりますし、健康のためにも、自分が何に対してアレルギーがあるのかを知っておくことはとても重要です。
 検査は、少量の血液で行うことができます。  しかし、このテストは、遅発型食物アレルギー可能性を予測するもので、最終的な診断はできません。 この食物アレルギー検査にて見いだされた、可能性がある食物を試験的に少し摂取し、症状に変化があるかどうかを調べることになります。 その結果、特定された食物を、
36ヶ月制限を行うことが治療になります。 正しい診断と正しい対処の仕方を行うことによって、体調を整えて行くことが大事となります

[PR]
by rapport_kykohp | 2016-12-21 14:31 | 女性クリニック ラポールのこと

ラポールでの 血液オゾン療法 ご報告

2016年に当院で行った血液オゾン療法の結果についてお知らせします。

血液オゾン療法とは、専用のボトルに血液を100㏄ほど採血した後に、治療量のオゾンを混ぜた後に体内に戻す療法です。 

血液オゾン療法により、

  1. 体内の酸素量の増大により各組織に送られる酸素が増加する

  2. 適度な一酸化窒素が生じることにより、血管が拡張されると同時に抗血小板効果が生じる

  3. 体内のエネルギーの元であるATPが産生される 

  4. 適切なオゾンを体内に導入することにより、強力な抗酸化効果を引き出す

    等の変化が生じます。

また、月に1度または2度の血液オゾン療法を継続することにより、

  1. 酸化ショック蛋白が誘導されることにより、損傷したDNAを修復する

  2. 骨髄幹細胞の放出量が増えることから免疫力が強化される  等の効果が得られます。

 当院では、20162月から10月までに、約250名の方に対して血液オゾン療法を行いました。 治療に際しては副作用が問題となりますが、1例も処置を必要とする副作用は認められませんでした。 血液オゾン療法を行った方で、この療法が著効し症状が劇的に改善した方についてご紹介します。

  1. 数年来からの両下肢の痛み

    長年、24時間続く両下肢の痛みに悩んでおられました。 これまでに、様々な治療が試みられましたが、痛みが消失することはありませんでした。 血液オゾン療法を行ったところ、初回から両下肢の痛みが軽減し、良眠が得られるようになり、生活の質が劇的に改善されました。

  2. 数年来続くめまい

    数年来のめまいがあるために、日常生活が制限されていました。 血液オゾン療法を行い、帰宅し数時間経過した際に、めまいが完全に消失していました。 長年続いためまいが消失したために、数日間は歩行の際に違和感があったとのことです。

  3. 副腎疲労

    副腎疲労で来院された方です。 グルテンフリーとカゼインフリーの食事療法とともに、血液オゾン療法を行いました。 その結果、疲労とともに脳のモヤモヤとした霧が晴れ、物事が円滑に進められるようになっています。

  4. 両下肢の凍瘡(しもやけ)

    冬の時期になると、両足趾が赤黒く色が変わるとともに、歩行の際にも痛みを伴うほどのしもやけが、1度の血液オゾン療法で痛みが消失しています。


 ご案内したように、血液オゾン療法は頭から足まで組織への酸素の供給を増やすとともに、身体のエネルギーを増大させるとともに優れた抗酸化力を持つ療法です。 特に、慢性疲労や冷え性の方に著しい効果が得られる療法です♡


[PR]
by rapport_kykohp | 2016-11-18 18:51 | 女性クリニック ラポールのこと

活性酸素 別名スーパーオキサイド は 慢性炎症を招く

血液クレンジングのブログでも触れましたが
慢性炎症 が 体を蝕んでいます。

現代人は、高度に成長した社会の享受の中、暮らしています。 

一方、知らず知らずの内に、危険と隣り合わせの環境の中で暮らしているとも言えます。 

私達の生活は、排気ガス、PM2.5、タバコ、放射線、食品添加物、精神的・身体的ストレス、紫外線、有害金属、有害ミネラル、プラスチック毒素、携帯電話等からの電磁波など、数えきれないほどの危険に囲まれています。 

有害な環境に人体がさらされると、身体の中に活性酸素種の発生が増えます。 活性酸素種が少ない状態だと、身体に備わっている抗酸化反応で防御できますが、活性酸素種が多くなると酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れた状態になります。 

身体に対する負担が多く、抗酸化反応で対処できなくなった状態を酸化ストレスといいます。 遺伝子をはじめとする生体の細胞を傷つける原因の8割近くが酸化ストレスです。 酸化ストレスにより正常細胞に炎症が生じます。 炎症には、“喉に炎症が起こる”などの急性炎症がよく知られています。 急性炎症とは痛みと腫脹を伴い発熱や発赤が認められます。 

酸化ストレスによる炎症はこの急性炎症とは少し状態が異なります。

少しずつの酸化ストレスが長い間に生じると、明らかな痛みや腫脹を伴わない、持続的な炎症が細胞に起こるのです。 この状態が慢性炎症の状態です。 慢性炎症は、活性酸素種による新たな酸化ストレスを惹起します。 持続的で遷延化した慢性炎症によって多くの疾患が引きこされることがわかっています。 

慢性炎症による 代表的な疾患は、がん、動脈硬化、アルツハイマー病、パーキンソン病、糖尿病、気管支喘息、アレルギー、関節リウマチなどなどです。 生活習慣病とがんに共通するおおもとの病態として慢性炎症があるのです。


がんの発生では、慢性炎症が強力にDNA損傷・切断や突然変異を引き起こします。 慢性炎症下での上皮細胞では活性化誘導シチジンデアミナーゼAIDが出現し、AIDはDNAシチジン基から脱アミノを起こすことで遺伝子変異を生じ、それが細胞のがん化を促進します。 腸管内の慢性炎症は局所のがん化に留まらず、全身の炎症状態・免疫システムの異常を引き起こすことで、悪性リンパ腫その他の腸管以外のがん化に関与することが報告されています。 

そして 肥満も慢性炎症を引き起こします。 

肥満によって処理しきれなくなった脂肪酸が炎症の引き金となって作用し、免疫細胞の変調を引き起こし、糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こすことがわかっています。 これらの変化に加齢が加わって慢性炎症はさらに進んで行くと言われています。 多くの疾患の病態が判明してきた今、我々は早い段階から気を付けて生活していく必要があるのです。

まずは、身体に対して有害な環境を出来る限り取り除き、慢性炎症を出来るかぎり引き起こさないように暮らしていくことです。 そのためには、
正しい食事(カロリー制限 カロリーリストラクション といいます)、睡眠、適度な運動を基盤とした規則正しい生活を送ることが大事です。 つまり正しい生活習慣を身に付けることが大事となります。
 
更に、慢性炎症を取り除くためには、活性酸素種を体内から除去することをお勧めします。

安全にそして有効に活性酸素種を取り除く方法として点滴療法(血液オゾン療法・EDTAによるキレーション療法、高濃度ビタミンC療法)があります。 定期的な身体のメインテナンスで快適な人生を送って頂きたいと思います。
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-07-21 07:31 | 女性クリニック ラポールのこと

オゾンその2~オゾン療法の不思議 ふ・し・ぎ

運動療法は、適度に持続して行うことが最も効果的ですが、
血液オゾン療法も 同様で 継続して行えばより高い効果が得られます。

具体的な効果とは

・体内の酸素化の促進
・一酸化窒素放出による末梢血管の拡張と末梢流量の増加、血小板凝集能の抑制
・免疫機能の刺激によるサイトカインの誘導促進
・細胞内ATPの上昇によるエネルギー増加
・酸化物分解促進による抗酸化力の向上
・甲状腺ホルモン分泌促進による基礎代謝の亢進   です。

こういうとピンとこないかもしれませんが

つまり 良い適応となる 症状 と病気 とは、下記のように

・虚血性疾患(末梢血管障害、心筋虚血、脳梗塞および予防)
・網膜変性疾患(加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症)
・ウィルス感染(肝炎、帯状疱疹など)、細菌感染、真菌感染症
・神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病)
・自己免疫疾患(関節リウマチ、多発性硬化症、アトビー性皮膚炎)
・頚肩腕症候群、腰痛、関節痛
・メタボリック症候群、糖尿病
・慢性腎不全・・透析導入を遅らせる ことができます
・慢性疲労症候群、線維筋痛症
・歯周病                      等が挙げられます。

オゾン療法は、免疫を活性化し体全体を元気にする療法ですから、活性酸素種によって生じる
”慢性炎症”の治療に最も適した方法です。 

“慢性炎症” とは 体の中におこった 火事 です。
上の症状って 実は 体内で起こっている 火事 といっても過言ではありません。

火事 は いやですね~
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-07-11 19:01 | 女性クリニック ラポールのこと

がんに対する 第4の治療 である 高濃度ビタミンC療法

高濃度ビタミンC療法は、がん対する標準療法である、外科的治療放射線治療化学療法に次ぐ 
第4の治療 であるといわれています。 この療法は標準療法を邪魔するものではなく、化学療法や放射線治療の副作用を軽減しますので高濃度ビタミンC療法との併用の相性はよく、様々ながん治療と組み合わせることが可能です。

高濃度ビタンC点滴療法が適応となるのは
(1) 標準的ガン治療が無効の場合、
(2) 標準的ガン治療の効果をより確実にする、
(3) 標準的ガン治療の副作用を少なくする、
(4) 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる、
(5) 代替治療としを希望する場合、          
(6) 標準療法まで時間がある場合          
などです。

 この療法の副作用ですが、極くまれに 腫瘍からの出血 報告があります。その他の副作用としては親指の付け根の痛みや、偽性高血糖の報告がありますが、いずれも軽微な副作用です。 

では、なぜビタミンCががん治療の副作用の緩和に効くのでしょうか?

 ビタミンCの効果として広く知られているのは、抗酸化物質としての作用です。 人は呼吸し酸素を体内に取り込む過程で、取り込まれた酸素の0.5-1% 程度は活性酸素種になると言われています。 この活性酸素種が蛋白や脂質と結合し作用することにより、体に有害なことが起こります。 がんの化学療法や放射線治療では、治療の過程で活性酸素種の産生量が増えます。 活性酸素種の増加、すなわち体が酸化されたことにより、副作用が生じているのです。 ビタミンCは強力な抗酸化剤(還元剤)として作用し、活性酸素種の作用を打ち消すことにより、副作用を軽減します。 

ビタミンCががん細胞に効果的な理由は、以下のように考えられています。

1.過酸化酸素による作用
一度に投与するビタミンCの量が多くなれば、ビタミンCは抗酸化剤(還元剤)だけではなくその逆の酸化剤としても作用します。 この量は50gから100gと言われています。 還元剤であるビタミンCは自身が酸化されることにより、1個の電子(e-)を失います。 この時、失われた電子がFe3+など遷移金属を還元(Fe3+→Fe2+)し、還元された金属が酸素への電子供与体として働きます。 その結果、活性酸素種が発生し、その活性酸素種が過酸化水素を発生させます。 正常細胞では過酸化水素は瞬時にカタラーゼ等の酵素の作用で水と酸素に変換されるので細胞障害は認められませんが、カタラーゼを持たないがん細胞内では過酸化水素を処理できずにがん細胞死に至るといわれています。 これが、ビタミンCががん細胞を死滅させる仕組みです。 

2. HIF-1(低酸素誘導因子)抑制効果
がん細胞は低酸素の環境でも増殖できるようにプログラムされています。 これは、十分な酸素がなくとも急速に増殖することができることを示しています。 低酸素状態を作り出している因子は、HIF-1(低酸素誘導因子)と呼ばれています。 ビタミンCは、HIF-1の働きを弱める効果があり、これにより腫瘍縮小効果が得られると考えられています。

3.腫瘍血管新生抑制作用
ビタミンCそのものに、腫瘍血管新生抑制作用もあることから、腫瘍の増生を防止すると考えられています。

 がんに対する 第4の治療 として注目されている高濃度ビタミンC療法ですが、その施行に際しては注意することがあります。 有効な治療効果を得るためには、ビタミンCの血中濃度を有効な濃度まで高める必要があります。 増殖力が強いがん細胞には、抗酸化物質であるグルタチオンペルオキシダーゼを産生することが知られています。 これが、酸化力で治療する抗がん剤や放射線療法が効きにくくなる(治療に抵抗する)理由と考えられています。 がん細胞内でビタミンCが発生させる過酸化水素を効果的に作用させるためには、ある一定のビタミンC濃度に高める必要があります。 このために、高濃度ビタミンC療法では、血中濃度を測定しながら投与量を決定します。 高い血中濃度を保つため、がんに対する高濃度ビタミンC療法は、一度に多くの量のビタミンCを投与することになります。 多くの量のビタミンCを投与するためには、身体への影響を少なくするために防腐剤が使用されていないビタミンCを使用する必要があります。 安心して副作用がない高濃度ビタミンC療法を受けて頂くために、当院では防腐剤が全く入っていないビタミンCを冷蔵したままで輸入して使用しています。 

 今回は、高濃度ビタミンCを用いたがん治療について書きました。 がんを発症するまでには、体内にあるがん細胞は何年間か隠れて存在しています。 がんの発症を予防する目的でも、高濃度ビタミンC療法は優れた予防医療であると思います。 予防の場合には、25gのビタミンC点滴を月1-2回、行うことが推奨されます。
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-06-06 07:22 | 女性クリニック ラポールのこと

LOX-Index ―動脈硬化を知るための新しい検査

年齢とともに 女性 も 男性 も 生活習慣病 のことが気になってきます。

今回は動脈硬化についてのお話です。

 動脈硬化によって引き起こされる疾患は、心筋梗塞 や 脳梗塞 などがよく知られています。 これらの疾患を調べるために、健康診断では、心臓は心電図、脳梗塞はMRI等で調べます。 
でも、健康診断で悪玉コレステロールがたとえ低くてもその31%は心筋梗塞を起こしてしまうと言われています。悪玉コレステロールの数値だけでは、心筋梗塞のリスクの判定が難しいと言わざるを得ないのです。 

 それにMRIでは脳動脈瘤などの血管病変を発見することは大変、有意義な検査ですが、脳梗塞に関していえば脳梗塞の存在の有無を診断しているわけですから、脳梗塞の発生を予見できません。 

 へ~~っ

しかし LOX-index®(ロックス・インデックス) という検査は、 今までできなかった 脳梗塞 心筋梗塞 の10年後のリスクを判断することが出来るのです。 しかも、10㏄の血液があればできてしまう検査です。 

特にこの検査は 以下の方にお勧めします。

   ご家族に脳梗塞、心筋梗塞にかかった人がいらっしゃる方
   高血圧、脂質異常症、糖尿病にかかっていて動脈硬化が気になる方
   将来の脳梗塞、心筋梗塞が心配な方
   40歳以上の方   
                 
 以上のいずれか1つでも当てはまれば、積極的に受けて見られませんか?
1分採血するだけでわかり、時間もさほどかからず、報告書はリスクのレベルをわかりやすいグラフで記載しています。今回、前回、前々回など自分が今グラフ上のどの位置にいるかすぐに把握できます。
d0140997_13302322.jpg





 この検査で、基準値より高い値がでたらどうしたらよいか?

 Lox-indexは、心筋梗塞や脳梗塞の発生を予見でできる検査です。 

 予見したら 治療 をしましょう!
★動脈硬化と密接に関係する、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症等の疾患があれば、それらを治療しましょう。 

★そして、女性クリニックラポール では動脈硬化を治療・予防するために、Na-EDTAを用いた キレーション療法 や 、血液オゾン療法 を定期的に行うこともできます。
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-05-20 12:20 | 女性クリニック ラポールのこと

しのびよっている 重金属

日本人は欧米人に比較して、体内の水銀濃度が高いことをご存知でしょうか?

この原因は、 マグロ メカジキ フカヒレ 金目鯛 などを好んで食べていることにあります。

水銀をはじめとする有害な重金属は、さまざまな有益な物質の産生にかかわる 
酵素 の働きを阻害します。

主に、脳、肝臓、腎臓、脂肪組織に蓄積すると言われています。 多くの量が体内にたまると、頭痛をはじめとした神経症状や腎機能障害を引き起こす原因となります。

水銀は体内に蓄積すると、自然に排泄されるまでに、十年単位の長い期間を要します。 このことに、厚生労働省も注目しており、特に妊婦には気を付ける様に警告しています(http://www.fsc.go.jp/koukan/risk-gunma210526/risk-gunma210526-lecture.pdf)。

海外では 子供の重金属汚染 も注目されており、様々なキャンペーンが行われています。 最近では、本邦でも妊娠を考えているカップルに有害な重金属の体内蓄積度を調査し、場合によっては、それを除去する ブライダルキレーション あるいは 最近は プレナタルキレーション ともいいますがーという方法が紹介されています。 本来、魚は体によい食物です。 DHAやEPAが豊富であることから、その摂取を勧められますが、有害な重金属の摂取を防ぐには、重金属が少ない魚を選び、正しい摂取頻度を心掛けることが大事です。 また、自分の体の中に、どれだけ有害な重金属が蓄積しているのか、検査しておく必要もあります。
d0140997_112769.jpg


オリゴスキャン (関連記事 2016.5.5 のラポールブログもご覧ください)という機器を使うと、手のひらの4か所に検出器をあてることにより、3分間で正確な値が測定されます。 勿論、痛みはありません。 最近、肌が荒れてきた、アレルギー症状がでてきた、疲れやすくなった、原因不明で頑固な頭痛がある という方には、すぐに検査することをお勧めします。 検査で、有害な重金属が高いという結果が出れば、飲み薬や点滴で デトックス することができます。
水銀中毒は、魚以外に 歯科充填金属であるアマルガム 一部の外国産化粧品等 が原因になることがあります。
水銀だけでなく、鉛 アルミニウム ヒ素 など、様々な有害重金属に対してデトックスが可能です。▼▼

[PR]
by rapport_kykohp | 2016-05-16 06:40 | 女性クリニック ラポールのこと

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧