カテゴリ:医学のこと( 29 )

加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)は 男性 の更年期障害です。

その原因は、男性ホルモン(アンドロゲン)の中の主な構成成分であるテストステロンの産生・分泌の低下です。

テストステロンは男性の性行動や性機能に重要な役割を有します。 生殖器だけではなく、テストステロンは中枢神経、造血器、肝臓、腎臓、血管、皮膚、筋肉といった全身に影響を与えるホルモンです。 テストステロン値は30歳から漸減してくると言われています。 

ホルモン値が低くなった場合の症状は、

1)リビドー(性欲)と勃起能の質と頻度,とりわけ夜間睡眠時勃起の減退

2)知的活動,認知力,見当識の低下および疲労感,抑うつ,イライラや短気などに伴う気分変調、めまい

3)睡眠障害

4)身体の疲労や行動力の低下、筋力低下による筋力低下と除脂肪体重の減少

5)内臓脂肪の増加

6)体毛と皮膚の変化-髭の伸びが遅くなった等

7)骨減少症と骨粗鬆症に伴う骨塩量の低下と骨折のリスク増加

等があり、集中力や重要な判断に要求される高次精神機能にも関係します。

上記の症状が示す通り、集中力の低下がイライラやめまいといった症状はすぐにはテストステロン低下とは考えにくいことが特徴です。

診断は、午前中に血中のテストステロン値を測定することによってすぐにわかります。

治療はテストステロンの補充になります。 テストステロンの補充は 2種類の方法があり、それぞれ、下記のような特徴があります。

a) 注射製剤

 2週間に1度、来院して貰って注射します。 保険適応ですが、2週間に1度の注射であるので、テストステロンの体内量は2週間を通じて一定ではありません。

b) クリーム

 皮膚に塗る治療ですので、自宅での治療が出来ます。 毎日、皮膚から吸収されるので、より生理的な効果が得られます。 このクリームは保険適応ではありませんので、自費とまります。 費用は1か月、5000円からです
[PR]
by rapport_kykohp | 2018-10-10 00:00 | 医学のこと

依存症

最近、“依存症”という言葉を聞く機会が増えました。 
依存症とは、
アルコール、薬物、たばこなどの物質に依存する場合、
DVやストーカーなどの特定の人間関係に依存する場合や、
ギャンブル、パチンコ、ゲーム、買い物などの行為に依存する場合
があります。 

依存症の原因には、遺伝的要因環境要因ストレスなどが挙げられますが、

ギャンブルやゲームなどの行為に依存する原因のひとつに、
脳内神経伝達物質のひとつである ドーパミン の過剰分泌が挙げられます。 

ドーパミンは報酬系の神経伝達物質として知られており、何等かの行為を行った場合に達成感(快感)を脳に与えるとともに、次回の行為を効率的に行うように意欲をもたらす作用があります。 この神経伝達物質で
あるドーパミンが過剰な状態では、快感を得るために特定の行為をやめることが出来ず
に執拗に繰り返してしまいます。 脳内環境を観察するためには、神経伝達物質を調べ
る必要があります。 神経伝達物質検査で、ドーパミンの状態を確認することが出来ま
す。 脳内でドーパミンが過剰になっている場合には、サプリメントでその産生をすみ
やかで穏やかに減少させることが可能です。

この検査は自費扱いになります。
d0140997_21573895.jpg
rラポール駐車場から見た 中秋の名月 の翌日 の本当のフルムーン!

[PR]
by rapport_kykohp | 2018-10-08 21:42 | 医学のこと

卵子力アップ!

卵子力アップ!~ミトコンドリアを増やす~

ってどうですか?
 
 体のすべての細胞の中にあるミトコンドリアは、もちろん卵子の中にもあります。その数は
0(ゼロ)から50万個!といわれています。

 このミトコンドリアは、卵子のパワー(つまり卵子力、妊娠力)のエネルギーの源だと言われています。

 今回そのミトコンドリアを増やすためのサプリメントを始めました!

d0140997_13152174.jpg

 ミネラル、ビタミンはもちろんのこと Lカルニチン 十分量入っています。
 
 また、ミトコンドリアを増やすには、運動も大切で、<ミトコンウオーク>のご指導も致します。
 さらに運動の時間が取れない方には、当院でお勧めしている オゾン療法 がその代りとなります。月2回程度で、ミトコンドリアの嫌いな活性酸素を 消す ことができると考えられます。

Aコース Bコース ございますのでお気軽にご相談ください。

 Aコース) ミトコンドリアを増やすサプリメント

 Bコース) サプリメント + オゾン療法併用(ミトコンドリアの大嫌いな活性酸素を減らしてくれる) 


[PR]
by rapport_kykohp | 2017-11-26 17:01 | 医学のこと

水素 の効果については、広く知れ渡っていることだと思います。
 
なぜ水素は身体によい作用をもたらすのでしょうか? 

それは、活性酸素種 (からだにできたサビ)を身体から取り除いてくれるからです。 身体の中で発生する主な活性酸素種は、ヒドロキシラジカルスーパーオキシドアニオンラジカルヒドロペルオキシルラジカル過酸化水素 HOOH
一重項酸素があります。 

これらの活性酸素の中で、水素でしか除去できない活性酸素があります。 

それは、ヒドロキシラジカルです。 

ヒドロキシラジカルは酸化をもたらす最も強力な活性酸素で、老化や疾患の原因として挙げられています。 このヒドロキシラジカルを除去する力を水素は持っています。 水素は発見されている元素の中で最も小さいものです。 従って、吸収されやすい形であれば、腸管や皮膚など身体のどの部分からも吸収されやすく、一旦吸収されれば身体のどの部分にもどの細胞にも届きやすい性質を持っています。 活性酸素種を除去することから
水素には 以下のような 幅広い効能があることが知られています。

  1. 脳梗塞の進展予防、パーキンソン病やアルツハイマー病などの変性性脳疾患の抑制効果

  2. 動脈硬化の抑制、心虚血の症状緩和

  3. 糖尿病の改善

  4. 悪性腫瘍に対する化学療法や放射線治療の副作用緩和

  5. 腎機能障害の進行の予防

  6. アレルギー性疾患抑制

  7. 抗疲労効果 等

しかし、水素は水に溶けにくいという性質を持っているので、水素水という形では なかなか 体内に入っていきません。 ですから多くの効能を持っている水素は その 摂り方 が問題になるのです。 

現在、多くの水素水が発売されていますが、
2016年に消費者庁は調べた製品のうち3つの製品は全く水素が存在しなかったと公表し、
そして 昨日 
33日付け で消費者庁はこの3社に対して、誇大な表示を行わない様に措置命令 を出しました。 原理的に考えると、水素水は最大に水素が水に溶解したとしても、溶解量が少ないことや体内に入ってもすぐに呼気となって消失しまう性質を考えると、活性酸素を十分量除去するためには1日に なんと 数十リットルの水素水を摂る必要があります。 呼吸に伴う活性酸素は成人で1日に取り込む酸素の約2%の量になると言われています。 身体に負荷がかかっている場合には、更に多くの活性酸素種が生じます。 

従来、効果的に体内に取り込む 摂り方 が多くの研究者により考えられてきました。 

その一つの方法が水素ガスを用いた方法です。 水素ガスは、脳へ流れる血流が停止して起こる脳梗塞で、梗塞の範囲を狭める効果があることが既に論文で発表されています。 また、この水素ガスを用いた心停止後の脳損傷を最小限にする臨床研究が本邦で始まりました。 水素ガスは今後、医学の世界では有益な治療手段となると考えられますが、ただ 装置が大掛かりすぎて、自宅で手軽に水素を摂る方法ではありません。 

そこで、われわれの所属する 日本酸化療法学会は、手軽に水素を取り込むために水素カプセルを開発しました。 この水素カプセルは胃ではなく活性酸素種が発生する腸まで届いてから、
1カプセルで水素を11リットル程度発生させます。 計算上では、12カプセル飲めば、体内で発生する活性酸素種は除去できると考えられます。 

★当院でこのカプセルを販売していますので、問い合わせてみて下さい。


[PR]
by rapport_kykohp | 2017-03-04 07:55 | 医学のこと

うつ病は、耳慣れた病気です。 実際、厚生労働省が実施している患者調査によれば、日本の気分障害(うつ病の正式な病名)患者数は1996年には43.3万人でしたが、2008年には104.1万人と、著しく増加しています。 身近な疾患になってしまったと言えます。 うつ病の原因は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっていると推測されています。 現在、うつ病の治療に用いられている薬は、SSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)という薬です。 この薬は、シナプスに取り込まれるセロトニンを減少させ、実際に必要なセロトニンを増加させる役割を持っています。 SSRIの登場によってうつ病患者に光明が与えられましたが、奏功する患者は約40%だと言われています。 残りの患者さんでは、SSRIが処方されても症状が改善しないか、悪化している場合があるのです。 米国で栄養療法(薬を使わない栄養素の補給による療法)を積極的に行っているグループは、32万件の症例と23万件の血液検査結果を行った結果をもとにうつ病を5つの型にわけ、不足しているまたは過剰な栄養素を調節する治療により大きな効果を挙げています。 栄養療法とは、必要な生化学的血液検査を行い、不足しているまたは過剰になった物質を調べ、その結果をもとに体内の神経伝達物質を調整するという方法で、お薬を使わない治療方法です。 例にとると、出産後に気分が沈み込んでしまう“産後うつ”という病態があります。 通常では、出産に備えて胎児が必要とする物質は母体から供給され、出産後に母体内で上昇した物質は“代謝”という形で正常なレベルに戻ります。 しかし、その時の“代謝”に必要な物質が足りないと、増加した物質は正常レベルまで復することが出来ないために、うつ状態となってしまうことが判明しています。 栄養療法では、薬を用いる訳ではありませんから、出産直後から治療を進めることができます。 うつ病の症状を記載しておきます。

1) 自分で感じる症状

憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい、不安である、

イライラする、元気がない、集中力がない、好きなこともやりたくない、

細かいことが気になる、悪いことをしたように感じて自分を責める、

物事を悪い方へ考える、死にたくなる、眠れない

2) 周囲から見てわかる症状

表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増える

3) 体に出る症状

食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛、肩こり、

動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く

これらの症状が数週間続く場合は、うつ病が疑われます。 栄養療法による治療をご希望の方は、ご相談下さい。


[PR]
by rapport_kykohp | 2016-12-09 13:37 | 医学のこと

今回は、変わりつつある健康診断についてお話ししたいと思います。 

d0140997_18184026.jpg


法隆寺の建立された時代にはこんな世の中が来るなんて誰が予想したでしょうか

病気を予防することは個人にとっても国家にとっても極めて重要なことです。 
これまでの健康診断は、長い時間をかけて統計を取りそれを集計・解析し、疾病の発生・経過・分布・消長とそれに影響をおよぼす原因を、血液検査をはじめとする検査結果や生活環境をもとに研究し、疾病の予防を行ってきました。 これを 公衆衛生学 といいます。

病気になりやすい環境や検査結果をもとにした疫学研究により、健康診断や生活習慣の改善指導を行うことにより疾患の予防を行ってきたのです。 

すなわち、「病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作る。病気を予防し、健康を維持する」という考え方に基づいていた予防医学といえます。

先制医療(Preemptive medicine)は  予防医学 とは また異なる概念となります。
 
発症前に高い精度で発症予測(Predictive diagnosis)あるいは正確な発症前診断(Precise medicine)を行い、病気の症状や重大な組織の障害が起こる前の適切な時期に治療的介入を実施して発症を防止するか遅らせるという、新しい予防医学なのです。

少しわかりにくいですよね。 

先制医療が従来の予防医療と異なるところは

疾患を定めて正確にピンポイントで検査を行い、
疾患の発症を正確に予測し、発症前に治療することにより健康を維持する 

ところです。

だから 先制医療には 正確な発症前診断 が必要です。 

今後予防すべき疾患の代表は、がん 認知症 動脈硬化症です。 これらに対する発症前診断検査を紹介します。

いずれも、血液検査 でわかります。

がんに対してはがん遺伝子検査があります。 
がん細胞から血中に漏れ出した遺伝子を増幅して診断します。 この数値が高い場合、さらにがん抑制遺伝子などの検査を追加することが可能です。
 
認知症に対しては、アルツハイマー病の発症前検査が可能です。 認知症発症前の経度認知障害(MCI)の状態をA-Dの4段階で評価します。

動脈硬化症に対しては、将来の脳梗塞と心筋梗塞の発症リスクを検査します。 10年以内の発症リスクが判定されます。

これらの検査で、病気の発症の可能性が高いと診断された場合、点滴療法をはじめとした様々な治療でリスクを減じることが可能です。

将来の疾患から身を守るために、定期的にきちんとした検査を行いその結果をもとに適切な治療プログラムで対策することが、これから益々大事な世の中になってくると思います。
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-09-01 20:05 | 医学のこと

ビタミンン C の種類

多くの哺乳類は自らの肝臓でビタミンCを産生することができますが、
ひと は ビタミンC を自らの体内で合成することは出来ません。

 ですから、厚労省が推奨する1日の必要量100㎎であるビタミンCを、何等かの形で摂取する必要があります。 

ビタミンCには、以下のように 多くの効果があります。 

・コラーゲン生成の補酵素として作用し、毛細血管の形成と維持に働き出血傾向を防ぐ
・抗酸化作用を有し、ビタミンEの還元作用を有する
・インターフェロンの生成に関与する 
・発がん物質 ニトロソアミンの生成を抑制する
・コレステロールの胆汁酸への生成に関与する
・白血球の働きを強化する -抗がん作用、抗ウィルス作用、解毒作用
・メラニンを生成する酵素チロシナーゼの活性を抑える
・副腎に作用し、アドレナリン、コルチゾールの生成に働く
・鉄、銅、カルシウムの吸収を促進する
・ヘモグロビンを合成する     
                等の作用から、

美肌!
免疫力増強!
動脈硬化などの疾患の予防!
がんの治療!


これらの効果が判明してから、多くのビタミンCが作られるようになりました。 その結果、巷にはさまざまなビタミンCが現れました。 

ビタミンCは、天然のものと、化学的に合成されたものに分けることが出来ます。
 
合成ビタミンC には、
光学異性体であるL-アスコルビン酸とD-アスコルビン酸がありまます。 L-アスコルビン酸には、ビタミンCの最大の効果である抗酸化作用を持っていますが、D-アスコルビン酸にはその作用はありません。 抗酸化作用を持つビタミンCはすぐに酸化されて自身は酸化型になってしまいますので、安定させるためにさまざまな物質と反応させて化合物の状態となっています。 

インターネット上で「合成ビタミンCは発がん性を持つ」ということが話題になったことがあります。 例えば、ペットボトルのお茶にも食品の酸化を防止する目的で、ビタミンCは添加されています。 このように、多くの食品に酸化防止剤としてビタミンCは食品添加物として入っています。 ビタミンCは酸化されると、1個の電子(e-)を失いモノデヒドロアスコルビン酸ラジカルになります。この時、失われた電子がFe3+など遷移金属を還元(Fe3+→Fe2+)し、還元された金属が酸素への電子供与体として働きます。その結果、活性酸素種のひとつであるスーパーオキシドラジカル(O2・-)が生成され、スーパーオキシドラジカルは、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)により過酸化水素に変換されます。過酸化水素は活性酸素ですから、このように活性酸素種が産まれるのです。 
つまり、ビタミンCは食品に添加された時は、抗酸化作用がある還元型ビタミンCでしたが、私達のもとに届いた時には活性酸素種を発生させる可能性のある物質に変化している可能性があります。 少量での摂取では大きな問題となることはありませんが、特に長期にわたって食品を摂取する場合にはこのことを気にかけたいものです。 

合成ビタミンCと呼ばれるものは、基本的にはブドウ糖に2種類の酵素を作用させることによって、合成されたものです。 そのブドウ糖の原料は、トウモロコシデンプンであったり馬鈴薯デンプンなどが利用されます。 合成ビタミンCでは、抗酸化作用を持つ酸化型ビタミンCとして安定させるために、さまざまな配合物が加えられた化合物です。 日々、体内に入るものですから、ビタミンCに加えられている配合物にも注意した方がよいでしょう。 

では合成ビタミンCと天然ビタミンCをどのように見分ければいいのでしょうか? 

「ローズヒップ」「アセロラ」「レモン」「ストロベリー」など具体的な食品名が書かれていれば、天然由来です。 単に、「ビタミンC」と書かれていたら合成ビタミンCです。 サプリメントを選ぶ時には注意しましょう。 安全性と有効性の両面が担保された製品を選ぶことが必要です。 

★ところで、ラポールで使用する 注射用のビタミンCや、液状の経口ビタミンは水溶性の状態です。
d0140997_820302.jpg

皆様の体に多くのビタミンCを安全にお届けすることができるように添加物は入っていません。
しかしながら
ビタミンCは水溶性の状態では極めて不安定な状態ですくに酸化型であるデヒドロアスコルビン酸に変化します。 水溶性の状態で、添加物や保存料・防腐剤を入れずに効果が高い状態を保つためには、製造から輸送、保存に至るまで低温状態を保つという工夫が必要となります。 酸化型ビタミンCを摂取しても抗酸化作用は得られません。 よりよい効果が得られ、安全なビタミンCとは、添加物や保存料・防腐剤を使用していない製品と言えます。 冷蔵された状態で届けられる製品であることは、高品質で安全なビタミンCを見極めるためのひとつのポイントとなります。

当院で用いているビタミンCは、製造直後から輸送中含めて皆様にお届けするまでの間、常に冷蔵保存されています
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-06-17 08:21 | 医学のこと

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ騒動で

気づいたのは、

季節性インフルエンザの意外に多いこと。

いずれの感染症においても、昔に比べて、流行の顕著なカーブが描かれなくなりました。

  つまり、いつでも ”その” 感染症があること。

以前だったら、

 風疹は4年に1回オリンピックの年にはやる!

 食中毒の季節になりました。

 そろそろインフルエンザの季節だから気をつけましょう。

 結核、ポリオは過去のもの・・・

   などなど

こんな言葉が季節とともにコマーシャルされていました。

だけど今では、いつでもどこでも感染症に気をつけなくてはいけない。
麻疹(はしか)が大学生に蔓延するなんて思いもよらなかったし、
寄席に行って、結核感染に気をつけろ、と感じたこともなかった。
ポリオ菌が郵便配達されるような世の中を誰が予想しただろうか。

野菜や果物に 旬 がなくなったように、感染症にも 旬 がなくなってきている。
[PR]
by rapport_kykohp | 2009-05-12 17:25 | 医学のこと

子宮筋腫に対する考え方

子宮筋腫だと診断されると

多くの患者さんが、セカンドオピニオン、サードオピニオン、フォースオピニオン、場合によってはフィフスオピニオンくらい求められます。
この現象は、乳がん、と診断された場合とよく似ています。

かたや 悪性 かたや 良性 ですから
同じ土俵で論じると
多くの医師からは、反発を食らうと思いますが、

私が言いたいのは

 これが 女性の心理 であり 女性の真理 だということです。

昨日も筋腫だとある病院で診察されて(1件目)、その後1件(2件目)、そして当クリニック(3件目)にこられた方がいらっしゃいました。

ひとくちに筋腫といっても
その先生によって診方も違えば、ましてや治療方針も異なるものです。
そのあたり患者さんにとってはいぶかしく思われるかもしれません。
なもんで、いろいろな病気に対して、ガイドラインを作ろうというのが医者の浅知恵?です。
(ガイドラインの作成はある面ではとても有益ですが、一方で弊害もあります。このことについてはまたのちのブログで・・・このコメント多すぎ???・・・話そう)

今回も、筋腫に対する見解がわかれました。

 というよりも

見解がわかれたように、患者さんの目には映ったようです。

いずれにしても 後医は名医 という言葉があらわすように
(これは決して、後から診る医者のほうが すぐれている というわけではありません。)

 後から診る医者のほうが
 情報が多いので
 良い意見を言います。


だから 名医 のように患者に見える というだけです。

この辺を差し引いて
患者さんは考えるべきです よ。
[PR]
by rapport_kykohp | 2009-02-28 18:30 | 医学のこと

生理痛にOCは・・・

効果はありますが
万能ではない。
OCとは oral contraceptive の頭文字をとってO(オー)C(シー)ですが、
いわゆる低用量ピルのことを指します。

最近 このOCが生理痛や子宮内膜症に効果があるということで
産婦人科医も積極的に患者さんに勧めていますし
患者さんのほうからも

 ネットでみました・・・

と言ってOCを希望されることが増えてきたように思います。

実際皆さんに使っていただいてみると

 よい 感触049.gifも得ています。

事実、大きなチョコレートしスト(子宮内膜症で卵巣に黒いチョコレート色の出血がたまった状態)を持った、生理痛もひどかったAさんは、OCを使用して半年でシストがわからなくなるくらい小さくなって、しかも痛みも全くなくなりました。

あるいは、生理痛も生理の量もひどかったBさんは、OCを使い始めて2か月目から快適な生活が送れてて、生理痛に苦しんでいたころが

 嘘 みたいだ

と言っていまやOCが手放せなくっています。

 でも逆にOCを使うことで、吐き気やめまい感がでてきてどうにもこうにも服用が続けられなくなった方もいらしゃいますし、OC服用しても全く生理痛がらくにならない方も存在するのです。 

 この違いはいったいなんなのか

冷えを取ったら生理痛が楽になった

ストレスがなくなったら生理痛が楽になった

ほてりがとれたら生理痛もなくなっていた

 とかの声を聞くと

生理痛の奥の深さを感じずには居られません。
[PR]
by rapport_kykohp | 2009-02-03 17:48 | 医学のこと