81歳のAさん

の元気は、とどまるところを知らない。

この病気もあの病気もずっと某病院でみてもらってた。
その病院で手術もしてきたし、術後のフォローもうけてきた。
だから途中で他の病気が出てきても、同じ病院の違う科でみてもらっていた。
そうな。
この10ナン年ずっとおしっこが出にくくて某病院の泌尿器科でみてもらっていたが、いつも年のせいだといわれ、このクスリしかないんだよ、といわれて
スピロペントというクスリを飲んでいたそうだ。

だけど一向によくならない。

とそんなとき 女性クリニック ラポール の看板をみつけた そうだ。

 ずっと長ーーく同じ病院にかかっていると
 病院を替わりづらい。


と多くの患者さんが言われます。

 (実はこの感覚は医者から言わせると少々わかりづらい感覚なのですが、もっともっと自由に選択したって良いんですよー、と声を大にして言いたいのですが、これはまた次のブログで)

Aさんも同じように、某病院に後ろ髪を引かれながら、女性クリニック ラポール の門をくぐりました。

だからまずこの勇気に乾杯!

私はまず婦人科的な病気も考えて診察させていただいたのですが、
婦人科的にはとてもお元気で全く問題なく
尿の問題は婦人科から起こっているようでは有りませんでした。

それではどうしたらよいか。
Aさんはもう元の病院にはいきたくないそうです。
そこで私は、もともと泌尿器科の先生で現在は東洋医学をご専門にされている
室本先生をご紹介しました!

さっそくAさん、すぐに受診されて
感激して帰ってこられました。
手にたくさんのお土産を携えて。

もちろんまだ症状の改善がはかれているわけではないのですが、
彼女は新しい出会いと新しい可能性に
感激してくださったようです。

Aさんの この 生きようとする姿勢に私は胸を打たれました。

このAさん
お話をするとほんとにお元気で

 私腰の手術してて足が悪いんですよね。だから友達と歩いていると時々置いてきぼりをくらうんですよ。

 ふむふむ。例えば?

 横断歩道で、青色点滅してたら、友達は走ってわたるのに、私は次の信号まで待たんと行けんのですよ。

 でもAさん、81歳だからね。ご無理せんほうが・・・。友達っておいくつの方?

 84歳と、80歳。

 えーっ、84歳の方が横断歩道を点滅中にわたるの?小走りで?

これは私も負けちゃいられないって感じで
診察室でパワーをもらった一日でした。
[PR]
by rapport_kykohp | 2009-02-13 22:48 | 世の中のこと

一方では

 息子の名を語る 詐欺師 を信じて大金を振り込む(振り込め詐欺)

そしてその一方では

 息子を預けている 学校 を疑い告発する(パンによる窒息事故)

今日のニュースを見ていると
もちろん登場人物は違うども
同じ ヒト という種目が
かたや 見ず知らずの人間 を信じて
かたや よく知っている人間 を信じてない

という世にも不思議な現象がおきていた。

共通しているのは 息子かわいや ではない、
実態の伴わない 息子というイメージ  だけではないのか。

 お金を払えば解決できる と思い込んで実際は遠く離れた息子の生活を知る由のない 親

   とか

 家の中にいる息子や家族と一緒のときの息子 だけで息子を考えている 親

いずれも 社会の中 で生きている 息子 を見ていない、そんな 親 の姿が垣間見られる。

どうしちゃったんだろう 日本。。。。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-10-23 00:28 | 世の中のこと

日曜日は 松江 で東洋医学会の支部会がありました。

ほぼ10年ぶりに車で 松江 に行って来ましたが、

高速料金が や、や、や、安い・・・・。

行って帰って、山陰道の松江道を使わなければ2100円、使っても3000円という安さ。

松江 に行く前に
車 で行こうか?
高速バス で行こうか?
と悩んでましたが、

高速バス は片道7200円!

ガソリン代考えても絶対、車で松江に乗り込んだのは正解でした。
最近、先週体育の日に福山まで乗って片道1100円
少し前に広島空港まで乗って650円

この割引ってすごいお得感があるので
(なにしろ、昔は空港まで夫を迎えに行って片道1100円とかだったし、実家に帰るのに山口県のほうに走ると3000何某は簡単にとられてましたもの)
車に乗るのがとっても好きになりました。

で、今日政府が平日も高速料金下げます、なんて言うもんだから

 おーおーこれなら12月に息子の学校に車で行けるわ。

 でも支払いまでが意気揚揚。

 学校で話を聞いて意気消沈。   なぜなら三者面談

 それでも帰りにETCゲートの表示に慰められる。。。

そんな12月が待ち遠しい。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-10-22 00:06 | 世の中のこと

ユニタールのアジミさん

先日日曜日の

<平和と軍縮シンポジウム>に出席してきました。

今日からG8下院議長会議が広島で始まりますが、それに先だって開かれたシンポです。

さあ、質問です。G8主要8カ国とはいったいどの国を指すのでしょう?回答はブログ下

パネリストの一人、ナスリーンアジミさん、はユニタール(Unitar)広島支部初代所長でおられますが、ひょんなことから彼女の知り合いとなって、彼女の仕事を垣間見ることになりました。

これまで、Unitar というところがどんな仕事をしている処か、どころではなく、その存在さえも(国連関係の・・・ぐらいしか知らなかった)である。

国連職員の研修機関だそうで、ジュネーブとニューヨークに続く第3の事務所が広島に置かれていたのであった。

ここの所長のアジミさんは、とても魅力的かつ聡明。http://www.unitar.org/hiroshima/press/2007/Wendy_Hiroshima_1-12-07.pdf
これは昨年のフリーペーパーwendyに掲載された記事ですが、
きれいな人でしょ?
実際もこのとおり。
口角をキリッと上に結び
眼は微笑を絶やさずにいます。

その彼女が、今回のシンポのパネリストだったのです。

彼女は 広島 を誇りに思ってくれています。
広島市民が忘れかけている 広島 への想いを熱く胸に秘めています。
広島の原爆からの復興を、50年草木も生えない、といわれた広島市の復興を誰よりも今熱く語ってくれるのです。

彼女の褒め言葉はいつも見事です。
先日あることで私は彼女からとても褒められました。今まで聞いた事のない褒め言葉でぐっと胸に迫るものが有りました。
今回のシンポでは、
広島 のことを次のように褒めてくれました。

(ヒロシマ が核軍縮のために出来ることは何であると思うか)の問いに

 ヒロシマ はこれまでやってきたどおりのことをそのままずっと続けていれば良い。

 ヒロシマ のすばらしいところは、”Forgive, not forget" (許すけれど忘れない)ところだ、と。

  (続けて彼女はこう言いました。アフガニスタンもこれができればいいのだけれど。と)

こんなに褒めてもらってどうしたらいいんでしょう、と思いました。
この褒め言葉を胸に ヒロシマ はもっと自信を持って自分たちの世界で占める意義、世界における役割を果たしていかなければならぬと思いました。

東京 や 大阪 や 名古屋 を追っても始まらない。

ヒロシマ のすべきことがある



 
             イギリス、中国、ドイツ、フランス、イタリア、日本、ロシア、USA
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-09-02 19:29 | 世の中のこと

本日は原爆記念日です

被爆2世の私といたしましては、父とともにこの日には思い入れがございます。

たまたま、学徒動員でクラス半分が学校での作業、残り半分が広島駅裏の工場だった。当時広島一中(現在の国泰寺中学、高校の場所)で作業にあたった半分の班はその日に全滅、残りの班にいた父は幸運にも生き延びました。自宅は今のラポールでしたが、疎開していたため戸坂に帰宅。疎開先の息子さんや、同級生を探しに直ちに入市。学校のプールに水を求めた同級生が何人も倒れているのを見たそうです(実際には、父からこの話を聞いたわけでなく、父の同級生 後藤 宏 氏が著書の「ある少年の被爆記録」に、父の描写があったのだが)。

父はやはり今でも多くを語ろうとしない。

今年の式典で、秋葉市長が2年計画で被爆者の心の調査を行うことを公表した。

「ある少年の被爆記録」を読むと、当然これらの記憶には重い鋼鉄の蓋をして仕舞い込みたいだろう、と思う。それを記憶をたどって本にした後藤氏には敬意を払いたい。

鹿児島にある知覧特攻隊記念館。特攻隊員の事実上遺書となった家族への手紙を読むと、涙が止まらない。

なんでこんなことになったのか。

と本を読み、そして遺書を読む我々第三者は、後世の我々であるから、そう感じることができる。

でも当事者はどうだったんだろう。被爆した父を含めた広島市民。明日特攻隊で飛ぶことが決まった少年や青年たち。は、はたしてどうだったんだろう。その目の前の現実を一所懸命に活きるのが全てであったでしょう。

志願した少年や青年らと、全くの一般市民であった被爆した市民とを直接較べることは出来ないだろう。しかしいずれも同時代に生きた、歴史をさかのぼって考えれば同じ時代の被害者であった。

時代のうねり とはなんだろうと この日を迎えるといつも考えさせられ、わからなくなる。

だから
 
 今年の秋は雨か嵐か知らねども 今日のつとめの田草かるなり

という福田首相が内閣改造に引用したことばが 偶然にも気になるのだ。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-08-06 11:49 | 世の中のこと

切れたらこわいAB型

ホントに頭にきたもんだから

今世の中に起こってる全ての諸悪が NTT にあるかのように
NTT 116 に向かって、怒ってしまいました。

実は、来られている患者さんとちょこっと知り合い数人から、こんな声が聞こえてきました。
 
”先生のとこ、104で聞いてかけてみると、<ピーヒャララア~>ってFAX音になるよ”

ほお~、やってみようじゃん。

”すみません、中区の女性クリニック ラポールの電話番号教えてください”
”はい、大手町のラポールですね。ご案内します・・・・・”

 ”番号は、0 8 2 2 4 1 0 5 0 6 です。・・・・・”


そ、そ、それはFAX番号じゃ
どうなってんの?

で116にかけなおして事情を話すと
241-6009(これが電話番号)
241-0506(これはFAX番号)
どちらもお届けになっており、どちらもラポールさまのです。

しっとるよ、うちんとこじゃもん。

で、どうして、お客様が番号案内にかけたら0506を案内すんの?と聞くと、

それは104がやっていることなので、こちらではわかりませんので、104に
お か け な お し く だ さ い
だと~~~!!!

なにいっとんじゃあ、そっちはNTTだろ?なんでこっちがかけなおさなくちゃなんねえんだあ。
 (あくまでも心の中の言葉です。念のため。)

と一悶着。

午前中に一応この日の代表の方から電話が有り、
申し訳有りません、訂正します。
との言葉を得て、
ほっと一安心。

ところが、
夕方に、ためしに104にかけてみたら?とのことで、かけてみると、

朝と同じで
FAX番号をながしてやがる。

再度104と116にかけなおすと

 訂正には1週間かかります。

じゃあ、そのあいだ間違ったまま案内を垂れ流すのか?と聞くと
 1週間かかるので、
と埒が明かない。

馬鹿もやすみやすみ 言え(心の中の言葉、念のため)
責任者を呼んで来い。というと

はあ~~???

暖簾に腕押し
ぬかにくぎ
豚に真珠 に
猫に小判。。。(ほとんど関係ないか)

どういう神経をしてたらこんな対応ができるのか?
急いでNTTのクレーム処理課を探したら
なんと116がクレーム処理担当だった。

なんとお粗末なNTT。

切れたらこわいAB型
でも、わかるよね、この怒り。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-06-15 23:25 | 世の中のこと

比較検討

比較検討・・・しないまま結婚した相手が
とてつもなく大当たりだったせいもあるのだが016.gif

生まれてこのかた、私は吟味して物事を決めるとか、比較検討して物を選ぶだとか、何日も通いつめてから服を買うとか・・・・したことがなかった。


その私が、今

 比較検討をしている。

クリニック立ち上げが近づくと
来る日も来る日も様々な業者さんが押し寄せて
携帯電話はもちろん手放せないし、
クリニックの外に一歩でも出て休憩しようものならちょうど運悪く(私には)、あるいは
運良く(業者には)、業者につかまり商談が始まる。

息つく暇もなく体重はみるみる3kgも落ちたのだが、

しかし、

商談というのは、腰を落ち着けて話を聞くと
これがなかなか面白い。

各営業マンのスタイルが個性となって商談そのものの色合いがかなり異なってくる。

戦略もそれぞれあって興味深い。
夜がけ朝駆けに訪れる実力行使のひと。
人知れずもくもくとクリニックの掃除をはじめてるひと。
こちらの足元見てか価格ばかりを前面に出すひと。
手土産持ってくるひと。
”どうですかあ”といかにも能天気なのに絶妙のタイミングで訪問して話を決めていくひと。

対象物は同じなのに業者によって提案が違ったりするのも趣がある。

毎夜毎夜数件の見積もりを見比べるわたしもいとおかし。

人生始まって以来の 比較検討 という大テーマに挑んでる私は、
いつのまにか比較する根拠の手法も手に入れて
しばらく眠れそうもない。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-05-27 01:52 | 世の中のこと

ついついいつもお話に花が咲いて盛り上がってしまう後期高齢者さんがいらっしゃる。

今日その方からとても面白い話をお聞きした。

 社保庁のお話 だ

年金特別便でも届いたのだろう、何回か社保庁に足を運ばれたのだと想像するのだが、話はここから始まる。

前回足を運んだときには中年の職員の対応で、いろいろ過去を調べてもらったがそれらしい記録が出てこずに、

 「まあ、もうこのままで社会保険庁に返事を出して返しましょう。」

と言われた。

しかし特別便が来たからには、何か理由があるだろう。と思い、再度挑戦。

今回は若いお兄さん職員が対応してくれた。

 「○○さん、ありましたよ。昭和32年にここにいらっしゃませんでしたか?」

50年も前のことだが、さすがに自分の人生だけに言われてみると記憶がある!

 場所は銀座。大学を休学中に数ヶ月勤めたところだったそうだ。会社は出版関係。

大学休学中で、バイト感覚で勤めていたから記憶のかなり片隅に追いやられていたらしい。
でもその会社は、ありがたい事に厚生年金をつけてくれていた!

そこからがすごい!

これで半年待てば(照合の手続きにさらに半年かかるらしい。これはちょっと頭にくるが)、
なんと年に5万円近くが、しかも過去にさかのぼって返還され、かつ今後も増額されて支給される。

 やったあ

とは私の患者さんは言われなかったが、
内心ルンルンで家路を急いだ(ルンルン、とはご本人がおっしゃった!)。
奥様も驚きと喜びでルンルン(だったろう)。

 教訓1. あきらめない。

 教訓2. 職員は決して金太郎飴ではない。

 教訓3. 老いても喜怒哀楽を忘れない。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-04-23 23:18 | 世の中のこと

家電の寿命

10年と言われる家電の寿命

 経産省が「洗濯機、テレビ、エアコン、扇風機、換気扇の家電5品目について、安全に使える目安となる標準使用期間(耐用年数)や注意事項を製品本体に表示するようメーカーに義務付ける方針を固めた。

という記事を読んだ。

耐用年数は、あくまでも税法上の問題、とも聞いている。
つまり、企業で使う備品や設備の減価償却費を計算するために定められたもので、要はそのものの寿命とは関係ない、ということである。
だから、たとえば、鉄筋コンクリート建ての建物は、その昔耐用年数60年とされていたが、10年位前に耐用年数が47年に変わった。これを 寿命 というふうに考えてしまうと、RC造は、昔より寿命が短くなった と早とちりしてしまうのだが、
ところがどっこい、
これは、あくまでも税法上の問題であって、減税措置をするために、行った税制改正であったのだ。

ふう~~~

どうしたの?ラポール先生。

と言われそうだ。
余りに難解な話題に、自分でも戸惑ってしまう。

クリニック開業には
いろんな知識が必要だ。今まで知らなかった単語がバシバシ047.gif出てくる。

減価償却 から始まって 耐用年数 に行き着き
                 そして、じぶんちの 家電の寿命 に行き着いた。

前にも書いたが、うちの炊飯器は約10年だが沈没し、今は土鍋にその地位を譲り
○○○YOのドラム式洗濯機は、、数回のリコールを乗り越え現役生活
薄型テレビが世の中の家庭を席巻しようかというときに未だなお10年以上前のブラウン管テレビがリビングを飾っている。

だから家電の寿命が気になってた。
でも寿命と耐用年数は関係なさそうだ。

なので、経済産業省のいっている「安全に使える目安となる標準使用期間(耐用年数)」に 耐用年数 をくっつけるのは余計なお世話だと言えそうだ。

はあ~~~

ようやく結論に行き着いた。よかった。 
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-04-21 23:16 | 世の中のこと

日ごろ医者には、「説明」、「説明」、と求められるが

今回は政府の説明不足は否めない。

各地で騒動になっているこの話題は、私の身近でもかまびすしい。
今日も二人の患者さんから、

 先生いくら引かれたか知ってますか?

と聞かれた。介護保険料も含めてかどうかが不明なのだが、やはり1万数千円というところらしい。この介護保険が含まれているかどうか がご本人にわかってないことも問題である。介護保険とは別物で保険料が設定されていることにも後期高齢者にはご不満のようである。 が、最大の問題は、なぜこの保険料が必要で、なぜこれだけの負担が必要になる根拠、が説明されていない ことである。

 いきなり今月から数千円ないし1万円強が天引きされてはたまらない!!!!

というのは理解できる。みんな予算の中で生活しているわけで私でも今月からいきなりそれだけの強制的な天引きがあれば、一気に目の前が暗くなる。

だから、こんなことのないように、

 説明 と 納得  いわゆる インフォームドコンセント

が必要なのである。

ところで、今現役で働いている世代からもこの保険料が徴収されるって知ってた?

私は月額1000円です。

後期高齢者の医療を支えるためには、1割が後期高齢者ご本人たちの今回の保険料 で、4割が現役世代、残りの5割が公費(国、県、市町村) なのですよ。
これだけの財源が、医療費にかかるということを、国民の皆様がすべて理解していかなくては、今後の我々の生活は成り立たないのです。

医療には金がかかる 

でも、命がなければ、健康がなければ、
道路があっても新幹線が整備されても使いようがないのです。

だから医療には金をかけなくてはならない

のだと私は思うのですが・・・・・・
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-04-17 07:26 | 世の中のこと