人気ブログランキング |

2016年 05月 16日 ( 1 )

日本人は欧米人に比較して、体内の水銀濃度が高いことをご存知でしょうか?

この原因は、 マグロ メカジキ フカヒレ 金目鯛 などを好んで食べていることにあります。

水銀をはじめとする有害な重金属は、さまざまな有益な物質の産生にかかわる 
酵素 の働きを阻害します。

主に、脳、肝臓、腎臓、脂肪組織に蓄積すると言われています。 多くの量が体内にたまると、頭痛をはじめとした神経症状や腎機能障害を引き起こす原因となります。

水銀は体内に蓄積すると、自然に排泄されるまでに、十年単位の長い期間を要します。 このことに、厚生労働省も注目しており、特に妊婦には気を付ける様に警告しています(http://www.fsc.go.jp/koukan/risk-gunma210526/risk-gunma210526-lecture.pdf)。

海外では 子供の重金属汚染 も注目されており、様々なキャンペーンが行われています。 最近では、本邦でも妊娠を考えているカップルに有害な重金属の体内蓄積度を調査し、場合によっては、それを除去する ブライダルキレーション あるいは 最近は プレナタルキレーション ともいいますがーという方法が紹介されています。 本来、魚は体によい食物です。 DHAやEPAが豊富であることから、その摂取を勧められますが、有害な重金属の摂取を防ぐには、重金属が少ない魚を選び、正しい摂取頻度を心掛けることが大事です。 また、自分の体の中に、どれだけ有害な重金属が蓄積しているのか、検査しておく必要もあります。
d0140997_112769.jpg


オリゴスキャン (関連記事 2016.5.5 のラポールブログもご覧ください)という機器を使うと、手のひらの4か所に検出器をあてることにより、3分間で正確な値が測定されます。 勿論、痛みはありません。 最近、肌が荒れてきた、アレルギー症状がでてきた、疲れやすくなった、原因不明で頑固な頭痛がある という方には、すぐに検査することをお勧めします。 検査で、有害な重金属が高いという結果が出れば、飲み薬や点滴で デトックス することができます。
水銀中毒は、魚以外に 歯科充填金属であるアマルガム 一部の外国産化粧品等 が原因になることがあります。
水銀だけでなく、鉛 アルミニウム ヒ素 など、様々な有害重金属に対してデトックスが可能です。▼▼

by rapport_kykohp | 2016-05-16 06:40 | 女性クリニック ラポールのこと