本屋の店頭で最近よく見かける本の中に

石原結實さんの
<水分の摂りすぎは今すぐやめなさい>という本

中身は読んでいないけれど
思い当たることはある。

  世の中は、空前の血液さらさらブーム。血球が網の目を何分で潜り抜けれるかを競ってる様子をTV番組では流している。
  そして老いも若きも、ペットボトルを持ち歩き、寝る前にコップ1杯の水、起きがけに1杯、と喧伝され、
  あるいは世の中の健康茶ブーム。カテキン1000mg入ってます、や、○○茶飲んで痩せよう、や、○○○を飲んで花粉症を予防しましょう、など

 兎に角ちまたでは、水分を摂りすぎる、ことが煽られているような状況だ。

 患者さんの中には、

   無理して飲んでます

      とか

   飲むようにしています

という方もいらっしゃるが、

 過ぎたるはおよばざるがごとし    である。

ちょっとご自分のべろを見てください。

摂りすぎの人のべろは、一目でわかります。
色が白っぽくて、ぼてっとして、うるうるしてて。

でそんな人は、概して胃腸も弱く、胃腸が弱ければ気力もわかず、そして体もだるい。
病院に、やる気が出ない だの、疲れやすい だの、食後は必ず眠くて困る だの 訴えるわけです。
それだけじゃありません。アレルギー性鼻炎やアトピーも水分の摂りすぎで起こってる可能性もありますし、もしかしたら高血圧や頭痛も、あるいは慢性のからだ各部の痛み、さえ水分の摂りすぎで起こっている可能性もあるのです。

ご自分が水分の摂りすぎでないか、どうか今一度自分のべろを
チェックしてみてください。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-04-30 20:07 | 東洋医学