ロンダートバク転

久しぶりの”子”ばなし。

今週の週末は各地で秋の運動会や体育祭が開かれるようだが、
息子の通う高校も例外ではない。

 これがなかなかハンパじゃない。

モンスターペアレンツの攻撃や最近の最高裁判決による学校行事中の事故に対する学校責任の追求を認める判例が下される中、
学校行事というものが 縮小 あるいは 取りやめ になったリする話を
よく聞くが

 ここは違う!

この学校では 騎馬戦 も 棒倒し もまだ存在する。
ヘッドギアみたいなものまで装着してまで行う 棒倒し なんぞ他ではなかなか見られない。

そして に分かれた 応援合戦 もこれまた見逃せない!

1時間もかけて  が乱舞する。

バク転、宙転、ロンダート、ロンダートバク転が炸裂する。

この乱舞は、応援団の中の白軍は親衛隊、紅軍は愚連隊なるメンバー10数名が行うのだが、うわさによると、息子は入っているらしい。
教師の前で飛べるかどうかの試験まであって、それ、クリアしたらしい。

   はひ^^^^^^ やめてくり^^^^^^

と私の心中穏やかではない。

野球部卒業したと思ったら、毎夜毎夜河原で練習かよ、応援団の。
しかもあわてて、ロンダートバク転 の解説読んだら
もう眼が回りそう、というか気分悪い。
目の前で息子が飛ぶのも想像できないいが
それを見る姿も想像できない。

ここは祈るしかない。

そして

飛ぶんなら

真剣に飛べ! と言ってやりたい。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-09-20 00:59 | わたくしごと