ジャイアンツのスーツ

東京からの最終便。

まず羽田で、思った以上に”濃い顔”の高橋由伸選手似(後に、”似 ”でなく本物と判明するのだが)のかっこいい人と隣り合わせにペットボトルのお茶を眺め、

 ふーん、由伸に似ているなあ、でも揉み上げも眉毛も濃いなあ。

と思っていたら、

その数分後、

銀色の(光沢あって銀色に見えた!)スーツを着たさらにまたかっこいい人とすれ違い、

 小笠原に似ているな。でもあのスーツかっこいい!!よく似合ってるなあ。

とここまで、まだジャイアンツの選手と気づかず、

ようやく機内に入ったところ
坊ちゃん顔の上原選手と、阿部選手を認めて
ここで初めて

おお、ジャイアンツじゃないか。

と気づいたのでした。

でもジャイアンツは違います。
スーツが。
日焼けしてるんですが、肌きれいなんですよ、みんな。

芸能人ですよ、これは。と感じました。
お金かかってますねエ、あれだけの年俸ですから当然だと思いますが。

今春渡米寸前の黒田選手に、カープ球団の入ってるビルで偶然お会いしましたが、
かっこいいんだけど、
スーツも肌もジャイアンツ選手に負けてました、今考えると。
サンフレッチェの選手にも
よくお会いしますが、
彼らも鍛えてて肉体は美しいのですが、
炎天下での練習や試合もあるからでしょうか、
肌は、ジャイアンツに負けてます。

ジャイアンツお金かけすぎ。

ちなみに二岡選手はいませんでした。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-07-28 00:41 | わたくしごと