人気ブログランキング |

昔の面影

実は、

今から33年前(正確に書く、じゃないと年がover estimate される)まで、ここに住んでいた。
5歳から約10年、少女期をここで過ごしていたことになる。

住所表記は、33年前とおんなじだ。玄関の位置で住所表記は決まるらしい。

最初にここに住んだとき
天井では、ネズミがかけていた。
トイレは汲み取り式だったし
台所は、石の流しで排水の配管が途中で割れていて、排水がそこからジャアジャア漏れていた。

国道2号線沿いだが、最初は信号がなくて、よく交通事故があった。トラックから投げ出された女性もみたし、バイクでうちに突っ込んでくる少年にも出会ったことがある。

学生紛争の時期は、うちの玄関先に鉄パイプや棒が落ちていたこともあった。


ずっと忘れていた光景が、

このクリニックが立ったあと、ビル4階の窓から見た夕方の景色を見たときに
鮮明によみがえった。

満月の位置は一緒だったのだ。
当時は2階の窓から、今は4階からだが満月が見えた。
あの頃よりもビルは増えたが、満月だけは見えた。

そうするといろんなことが走馬灯のように一気に思い出される。

原爆記念日に家の窓をあけて8時15分のサイレンの音をきいたこと。
中1のころだったか、朝両親とケンカして怒って玄関のガラスをぶち壊したこと(って蹴ったり殴ったわけじゃない。ガチャンと締めたらガシャン、と割れただけ)
小学校のころ、友達が遊びにきて、そのとき父親しかいなくて、
男子厨房に入らず、の父が林檎を剥いて持ってきてくれたこと


へ~んな思い出ばっかり!!

よく思うのが

国破れて山河あり

変わらない自然がうれしい。
by rapport_kykohp | 2008-06-25 12:21 | わたくしごと