”子”ばなし

息子が4年生のころ、一緒にお風呂に入ってた。

その晩も一緒に入っていたのだが・・・・
実は、その日の昼間、私は家族と出かけたデパート内でちょっとした段差に躓き、派手に転んでいた。痛みは強かったが歩けるのでそのまま買い物を続けて家に帰った。

息子が素っ頓狂な声を張り上げて
 
 どうしたん、ママあ 実は今でもママって呼ばれてます(人前以外で) 011.gif  

私のお尻を指差すので、鏡で見ると、なんとまあ手のひら3枚分ぐらいの大きな打ち身ができているではありませんか。紫色に変色して気持ち悪いこと。
 
 パパは知っとるん

 いいや、知らんでしょ

 はあーん?夫の務め(つとめ)じゃろうーーー

夫も務めとは??????
しばし沈黙。
あとは爆笑。

妻のすべてを知るというのが夫のつ・と・め、というのが息子の言い分でした。

この話は息子が結婚したときに結婚式で暴露する予定ですが、
なんでこんな話を思い出したかというと、

今日入浴していたら(一人で)
夫が、申し訳なさそうにかなり遠くから、

 悪いけどちょっと開けていい?

と入浴中のドアの向こうから呼んでるのです。用事があったようです。

そういやあ、ずいぶん前から遠慮して入浴中は部屋に入らないようにしていた夫でした。
これじゃあ、私のからだにあざがあるかなんてどころではなく、私が風呂の中で溺れてようが、死んでようがわからんよね。と思ったのでした。
そして、あの日の晩のことを思い出したのでした。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-03-10 23:54 | わたくしごと