親はなくとも子は育つ、かもしれないが、子あってこその親育ち

長いタイトルですんません!

いやあ、実は息子の引越しの手伝いに行ってきたんですわ。昨年も引越しがあったのですが、忙しくて手伝いに行けなかった。
だから、今年はちょっとひましてるんで、手伝いにいってやったんですが・・・

 これがようできた息子で。

建物の2階から3階に引っ越すんですが、やはり引越しは引越し。大きな荷物はしんどいし、部屋の片付けはもちろん全部しないと行けなし、次に移ってくる彼の同級生のためにも部屋をきれいに磨き上げないといけない!これを昨年彼は一人で、しかも日中授業をうけながら夜中にゴソゴソやったんだと思うと、もう涙があふれて・・・

で、きっと大変だったんでしょう。
今年私がひとつひとつ片づけをするたびに、

 いやあ、すごいねえ。
  とか

 いやあ、ありがとう。

 えっ、もうできたん。助かるわあ~。

 と言って

私を褒めるわけです。

子に褒められる親の気持ちってわかりますう?

これがまた気持ちがいい!

親は褒められて育つ  って

いばってる場合じゃないんだけど。自分を振り返って反省したら、
私どれだけこの子を褒めてきたんだろうって
本当に反省しました。ごめんなさい。

人って褒められると本当に前向きになりますよね。

夫もこの調子で褒めよう。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-02-22 22:56 | わたくしごと