女医ラポールの心とからだのメンテナンス


広島市中区大手町の女性クリニックラポール院長
by らぽーるきょろこ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

洗わない

昨日の勉強会で。

A皮膚科とB泌尿器科の先生もご一緒だった。

女性には膀胱炎が多いが、この対策の一つに

 洗わない

というコンセンサスで3人が一致した。

私は、高齢の女性に繰り返す膀胱炎をよくみている。こういう女性が泌尿器科に行くと必ず膀胱炎と言われ、同じ抗生物質をもらう。それも悪くはないが、

根本の原因は他にある。

多くの場合、このような女性を診察すると、おまたの皮膚が非常に薄くなっており、しかもやや赤みを帯びている。

 「えらいすいませんね。こんなところお見せして。」

とどの方もおっしゃるのだが、

やはりいくつになっても、おまたは診せることにためらいや羞恥心がある。当然だろう。

でもここで思うのが女性は、ほとんどが、

 ”おまたは汚いところだ”

と思っているんだ。

だから一生懸命に洗う。

ごしごし洗う。石鹸もつける。過ぎたる場合はナイロン製のタオルでこする。

トイレではウオッシュレットをつかう。頻繁に使う。ぬれているのが嫌だからティッシュで一生懸命に拭く。

こんなことしていたら、あの薄い皮膚はすぐに根を上げるだろう。

小さい傷が付く。目に見えない小さい傷だ。
最初のうちはこの傷のせいで、かゆみを覚える。
かゆいからまたウオッシュレットで洗う。洗うと気持ちがいい。
だからまた水流を上げて洗う。
洗うから拭く。

これじゃあ、傷はひどくなるばかりで
最後にはばい菌がはいって、

 膣炎だ、膀胱炎だ

というわけだ。

だから、洗わない。
最初が肝心だ。

昔、皆さんが少女のころ、お父さんお母さんに、
お風呂の中でどう言われていたか?思い出して欲しい。

『大事なところを洗うときは、優しく洗うんだよ。』
『手で洗いなさい。』

と言われてはいなかったか?

決してナイロンタオルでゴシゴシ洗いなさい、とは言われていなかっただろう。

洗うのなら優しく洗ってください。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-01-17 22:30 | 医学のこと

検索

ファン

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧