血液オゾン(クレンジング)療法 その1~オゾン は 運動 の話

オゾン は 1840年にシェーンバインというスイスの化学者によって発見された気体です。

オゾンというとオゾン層の破壊 という言葉から悪者扱いをされることが多いようですが、実は
オゾンは3つの酸素原子からなる 酸化力が極めて強い 物質です。 医療用途では、第一次世界大戦中にドイツ軍の負傷兵のガス壊疽の治療に用いられ、1935年には、初めて医療用オゾンの発生器がつくられています。 治療としての 血液オゾン療法 は、約50年前にドイツで開発され自然治癒力を復活・強化する療法として広く認知されており、ヨーロッパでは保険適応となっている療法です。

オゾンの体にする主な作用は、
・体内に侵入した細菌を死滅させる
・酵素反応を促進させる
・細胞内情報伝達のメッセンジャーとなる
・抗酸化力を上げる刺激となる              

です。
これらの作用から、ウィルスや細菌から体を守り、酸素化を促進し、体のエネルギーであるATPの産生能を上げ、酸化した体を抗酸化の力により正すことが出来るのです。
オゾン自体は酸化物です。 酸化ストレスを体内に投与し、有益な効果を得る療法を総称して、酸化療法といいます。 血液オゾン療法は、酸化療法の代表的な療法です。 適量の酸化ストレスを、適切な経路で適切な量を生体内に投与することにより、生体の抗酸化力や免疫力、酸素化を促進することができます。 ここで、大事なことは“適量”のオゾン量ということです。


例えば、適度な運動は身体によいことは誰でも知っていますし、疾病予防やアンチエイジングの観点から運動療法とカロリー制限は絶対的に必要な療法であることは疑いの余地はありません。 しかし、何も運動していない人が、いきなりフルマラソンを走ればどのような状態になるでしょうか? 身体に立ち直ることができないくらいの激しいダメージが与えられてしまう可能性が高く、体内には体に悪い活性酸素が大量に作られることになります。
d0140997_2127278.jpg
 
炎天下のゴルフなんてもってのほか・・・

一方、適度な運動を続けることがなぜ、身体によいのでしょうか? 2つの違いは運動の量にあるのです。 運動の量とは酸化物の多さと言い換えることが出来ます。 体内で処理できる酸化物の許容量を超えた量が負荷されれば、身体は弱っていくしかありせん。 しかし、適度な運動量なら適量の酸化物が体内に生じ、その酸化物が引き金となって、体内で抗酸化物質が産生されるという有益な反応が生じるのです。 

実は、血液オゾン療法は、血液を通じて行う体内の運動ともいえる療法 なのです。

その続きは その2~血液オゾン療法の不思議 で・・・
[PR]
by rapport_kykohp | 2016-07-04 21:28