お乳のしこり

乳がん検診の希望者が とても 多い。

ピンクリボンの活動を応援していることもあるし
三河町の乳腺クリニックもオープンしたし(そこと混同している人もいるし)
私は 女医 だし

などいくつかの理由のもとにたくさんの乳がん検診希望の方が来られる。

そこでひとつ気になったのが

以前からしこりを持っているが、
それを以前ちゃんと検査してもらってて
異常なし、と言われたまま
そのまま放っておいて(きっと変わったことがあったら来なさい、と言われているはずなのに)
そのままいつのまにか大きくなって
ここにきたら、
乳がんだった。

   というケースが後を絶たない。

これはいったいどうしたもんでしょう?

そこんとこ
重要だと思います。

いかに経過を追っていくか、追っていけるか。。。は
最初に診察した医師も
患者さん本人も
考えなくてはいけません。

婦人科でホルモン補充療法(今は ホルモン療法、と言いますが)を受けていれば
ほとんど確実に婦人科医が
自分でする、しないは別にして
乳がん検診を定期的に行っています。

しこりのある女性たちが(あるいは以前両性の乳腺疾患があると言われたことのある人たちが)どうしたら定期的に、漏れなく
乳房チェックを定期的に受けることができるのか、を
至急考えないといけません。
[PR]
by rapport_kykohp | 2008-09-09 19:28 | 医学のこと
<< ロンダートバク転 ユニタールのアジミさん >>